SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ネットワンシステムズ、マルウェア感染端末のピンポイント検知とセキュリティ対策を提案するサービスを提供

 「セキュリティアセスメントサービス」は、複数の要因から証拠を積み上げて感染端末を判定することで、マルウェア感染端末のピンポイント検知のみならず、その感染原因の特定まで可能だという。

 そして、その感染原因と既存のセキュリティ対策に基づいて、ネットワンシステムズが境界防御/エンドポイント防御/出口対策などの多層的なセキュリティ対策を具体的なソリューションとともに提案する。

 このサービスにより、低コストかつ迅速に社内のセキュリティ侵害状況と既存のセキュリティ対策の有効性を把握し、実際の根拠を踏まえた最適なセキュリティ対策を検討することが可能になるという。また、何らかのインシデントやマルウェア感染の疑いが確認され、速やかに全社規模で影響範囲を特定したいケースでも有効だとしている。

 なお、このサービスは、米DAMBALLA社のビッグデータと機械学習を組み合わせて感染端末を自動検知する製品「DAMBALLA Failsafe」を活用しており、顧客の環境に4週間設置して感染状況と原因を特定する。

 発表では、次のようなセキュリティ対策の提案が例示されるとしている。

 ・マルウェア感染が確認された場合

 境界上での既知・未知マルウェアに対する防御の強化、不正なサイトやC&Cサーバ(指令サーバ)との通信遮断による出口対策、マルウェアの影響範囲の特定による事後対応の迅速化、マルウェア感染端末(物理PC/仮想PCともに)のネットワークからの自動遮断による拡散防止、モバイル端末のデータバックアップによるランサムウェア感染状態からの迅速な復旧。

 ・脆弱性を突いた攻撃が確認された場合

 端末とアプリケーションの利用状況に応じた適切なセキュリティポリシーの自動設定、PC・サーバ上でのエクスプロイト(脆弱性攻撃)の無効化、脆弱性を含むプログラムを持つ端末の迅速な把握と一括パッチ適用、PCの最新パッチ適用状態の維持。

 ・業務に不必要なアプリケーションの使用が確認された場合

 利用アプリケーションの可視化と通信制御、未許可アプリケーションの検知と削除、アプリケーションカタログによる運用、スマートデバイスの管理とアクセス制御。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8292 2016/07/22 14:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング