SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

デージーネット、権威DNSサーバのOSS「PowerDNS」商用サポートを開始

 デージーネットでは、PowerDNSを利用したDNSサーバ構築の経験などを生かして、PowerDNSの構築やシステム保守サポート、コンサルティングなど、PowerDNSの商用サポートを行っていくという。

 現在、DNSサーバとして広く利用されているソフトウェアはBINDだが、BINDのセキュリティ脆弱性が頻繁に発見されるようになり、その対策として、システム管理者は、頻繁にソフトウェアのバージョンアップを実施する必要が出てきた。

 その際、DNSサーバの再起動が必要になり、サービスへの影響も少なくないという。そのため、DNSサーバのメンテナンスにおいてシステム管理者の負担が大きくなっているという。

 そのような課題を解決するために、BINDに替わる権威DNSサーバのOSSとして注目されているPowerDNSの商用サポートを開始することにしたとしている。

 PowerDNSは、BINDより高速で、手軽な管理ができるという面で優れているという。デージーネットでは、PowerDNSに関して、ベンチマークを行い性能を確認した。1秒あたりのクエリ数は、BINDが49,000qpsに対し、PowerDNSは58,000qpsであり、BINDよりも18%ほどPowerDNSが高速なことがわかったという。

 PowerDNSの特徴は次のとおり。

 1. ウェブインタフェースから手軽に管理できる

 PowerDNSでは、Poweradminなどの管理インタフェースからDNSの管理を行うことが可能。ゾーン追加、編集、削除や、DNSレコードの追加、編集、削除などを行うことができ、DNSの管理がより便利になる。ゾーン管理の知識があまりない人でも管理することができ、今まで特定のシステム管理者しかできなかったゾーン管理をさまざまな人ができるようになるため、管理者の負担を分散することになる。

 2. 不正なキャッシュ書き換えの心配がない

 セキュリティ面でも、PowerDNSでは不正なキャッシュ書き換えの心配がない。DNSサーバは、いくつかのDNSがそれぞれ役割を持って、サービスを提供している。その中で、キャッシュDNSは、DNSの名前解決のスピードを向上するために、一時的にDNS情報を覚えておく役割がある。このキャッシュDNSが、不正にキャッシュを書き換えられた場合、全く別のサイトに接続することになる。PowerDNSは、キャッシュを不正に書き換える攻撃に対して、セキュリティ向上が実現できる。

 3. DNSSECの導入が容易

 リソースレコードの安全性を高めるためには、DNSSECを利用する必要がある。PowerDNSとPoweradminでは、関連する処理が自動的に行われるため、より手軽に導入することができる。そのため、PowerDNSはDNSSECの普及が進んでいるオランダ等の国では、標準的に使われている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8379 2016/08/18 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング