SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ネットワンシステムズ、オンプレミスとクラウドを安全・多機能に接続する「クラウドHUBサービス」を提供

 「クラウドHUBサービス」は、新しいネットワークアーキテクチャでオンプレミスと複数のクラウドを安心・安全に接続するもの。このサービスは、新しいネットワーク接続点(クラウドHUB)を設け、そこでマルチクラウドとの閉域網接続機能・セキュリティ機能・セキュアコロケーション機能を提供することで実現している。

 具体的には、各クラウドとの専用線をもつデータセンター内に、このサービス用の設備を設けることで、Amazon Web Services、Microsoft Azure、Office 365(予定)をはじめとしたマルチクラウドとの閉域網接続機能、およびWANやインターネットとの接続機能を提供する。

 そして、高度・豊富な各種セキュリティ機能として、次世代ファイアウォール/次世代IDS・IPS/認証/マルウェア検出/プロキシ/ログ収集・分析などを提供するという。これに加えて、セキュアな環境でのコロケーション機能も備えることで、個別の要望にも対応可能な環境を提供する。このサービスは、マルチキャリアで利用可能で、マルチクラウドを活用することが可能だという。

 これらの機能に加えて「クラウドHUBサービス」では、ネットワンシステムズが昨年来提供している新サービス群も連携する。「クラウド管理型SD-WANサービス」による柔軟・迅速・安全な拠点接続、「DIMS(Device Information Management Service)」によるオンプレミス環境の機器設定情報やログ情報の自動管理などが利用可能だという。

 「クラウドHUBサービス」を利用することによって、最新のセキュリティと統一したポリシーの下、複数のクラウドへの閉域網接続を実現することで、クラウドシフトが加速可能になるという。さらに、サービス型のため、クラウドの利用量増減に応じて帯域幅を柔軟に調整可能で、セキュリティアップデートの運用負荷を削減することができるとしている。

 ネットワンシステムズは、「クラウドHUBサービス」の提供に加えて、オンプレミス環境においてもハイブリッド環境を考慮したネットワーク構成やクラウド基盤の構築を支援することで、クラウド環境全体を最適化するという。

 なお、今回提供開始する機能は、Amazon Web Services、Microsoft Azureとの閉域網接続機能で、10月にコロケーション機能/インターネット接続機能/SD-WAN連携/DIMS連携、12月にCASB(Cloud Access Security Broker)機能/各種セキュリティ機能を追加する。今後、データ分析基盤やデータストレージの提供など、機能を順次拡大する予定だ。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8399 2016/08/25 15:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング