SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IBM、オールフラッシュ・ストレージ「Storwize」に2製品を発表

 「IBM Storwize V7000F」と「IBM Storwize 5030F」は、より多くの基幹ストレージに求められるアプリケーションやワークロードの要求に応えるためのコスト効率に優れたミッドレンジおよびエントリー・クラスのオールフラッシュ・ストレージだという。

 「Storwize」のオールフラッシュ製品群は、IBMのSoftware Defined Storageポートフォリオに含まれるSANストレージ仮想化ソフトウェア「IBM Spectrum Virtualize」を搭載し、導入済みのストレージ機器も含め、約400種類におよぶマルチ・ベンダー・ストレージ環境の仮想統合が可能だ。

 「IBM Spectrum Virtualize」は、仮想化されたストレージ環境に対して、リアルタイム・データ圧縮、シン・プロビジョニング、スナップショットなどの機能を適用することができ、ストレージの利用効率を向上し、同時にセキュリティー、信頼性、運用管理コストも最適化する。

 また、データの自動階層化、ストレージ・アレイ間でのデータ移行、セキュアなデータ暗号化機能を提供し、災害対策や事業継続性を高めるためにリモートでデータを複製することが可能。これらの特徴により、データセンターおよびクラウド環境におけるストレージ基盤の複雑性やサイロ化を排除し、運用管理コストを抑制することができるという。

 新製品の特徴は次のとおり。

 ・「IBM Storwize V7000F」:「Storwize V7000 Gen2」と比較して性能が最大45%向上するとともに、ストレージ容量を4倍に拡張したオールフラッシュ・ミッドレンジ・ストレージ。スケールアウトとスケールアップの双方に対応し、急増するデータにも柔軟に対応可能。

 ・「IBM Storwize 5030F」:オールフラッシュ・ストレージの高い性能と可用性を必要とする中堅企業向けのエントリー製品。

 また、「IBM Storwize V7000F」と「IBM Storwize V5030F」は、SQL ServerやMySQLなどのデータベースから、放送・ライブ中継、監視カメラなどのデジタル・メディアのデータ、そして膨大な量のIoTデータに至るまで、さまざまな基幹ストレージのワークロードを管理できるよう設計されているとしている。

 なお、他社からIBMに移行するユーザー向けに導入支援サービスを無償提供するストレージ移行プログラム「フラッシュ・イン(Flash In)」も同時に発表した。「フラッシュ・イン(Flash In)」は、現在IBMのストレージを利用していないユーザーがIBMのオールフラッシュ・アレイ製品群へと円滑に移行するために無償で利用できる移行支援プログラムだという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8400 2016/08/25 15:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング