EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

エンカレッジ・テクノロジ、自治体情報システムの強靭性向上に対応するファイル無害化ソリューションを発表

  2016/09/01 16:00

 エンカレッジ・テクノロジは、都道府県、市区町村等地方自治体の情報システム強靭性向上に対応するファイル無害化ソリューション「ESS FileGate」を開発し、11月末から販売を開始すると発表した。

 2015年11月に総務省の自治体情報セキュリティ対策検討チームが発表した「新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本的強化に向けて(報告)」では、自治体の情報システムにおけるサイバー攻撃への抜本的対策として、インターネット接続が可能なネットワークとLGWAN(総合行政ネットワーク)接続を行うネットワークを分離することで、LGWAN内のシステムの安全性を高めることになっており、すべての自治体で対応を迫られている。

 インターネット接続環境からメールやインターネットを経由して取得したファイルについては、マルウェア等に感染されていない状態(「無害化」された状態)でLGWANに持ち込む必要があるが、システム強靭性向上に最適なファイル無害化ソリューションが市場に存在しておらず選択肢がない状態だという。

 「ESS FileGate」は、自治体の情報システム強靭性向上に最適なファイル無害化ソリューションだとしている。「ESS FileGate」の特徴は次のとおり。

 ・文書の内容を二重で画像化処理する方法で無害化処理を行うため、マルウェアに感染したファイルを確実に無害化することが可能。

 ・文書の印刷機能を使用するため、Word、Excelなどのオフィス文書はもちろん、CADソフトで作成された設計図面、画像編集ソフトで作成されたイラスト図版など、印刷が可能な文書であればファイル形式を問わず無害化。

 ・Windows OSのクライアント端末からだけでなく、仮想デスクトップ環境(VDI)上からの無害化処理にも対応(LinuxベースのVDIを含む)

 ・インターネット接続環境とLGWAN環境のゲートウェイとして設置することで、紛失リスクの高いUSBメモリ等可搬媒体を使用する必要がない。

 ・ファイル持ち込みの際に上長承認のプロセスを徹底するワークフロー機能を同梱。

 ・文書の無害化によるLGWANへの持ち込みだけでなく、LGWAN側からインターネット接続側へのファイルの持ち出しについても対応。

「ESS FileGate」の概要と特徴  

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5