EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

リアライズ、AI技術とシソーラスナレッジを融合して顧客リストの最適化サービスを開発

  2016/10/24 16:40

 NTTデータグループのリアライズは、企業が持つ法人顧客リストを、人工知能(AI)を用いて最適化する「Data-Master(データマスター)」のプロトタイプシステムをNTTデータの技術支援を受けて開発し、基本サービスとなる「Data-Master01」について、10月19日からトライアルを開始した。

 このシステムは、AI技術とリアライズが持つシソーラスのナレッジを融合したもので、日本語の顧客リストのクリーニングおよびマッチング処理をAI技術の活用により自動化するもの。

 このシステムによるサービス提供が実現することで、企業で部門ごとに管理されているデータや、正式名称と略称、入力ミスなど、これまで人間が目視で個々に判断し修正する必要のあった重複データの識別や統合処理を、自動かつ高速に行うことが可能となるとしている。

 まず、基本サービスとなる「Data-Master01」について、10月19日からトライアルを開始し、さらなる検証を行い、2017年1月以降の本格提供を目指すという。

 「今回、トライアルを開始する「Data-Master」は、企業の保有する法人顧客リストを預かり、重複データを精査し統合するなど、データを最適化するサービス。

 入力ミスや部門ごとに管理されることで、同じ顧客企業でありながら別のコードで登録されたことによる重複、正式名称と略称の表記揺れに起因する重複、本社や支社・部署等により別データとされた重複等、さまざなデータの重複パターンをAI技術とシソーラスを用いて、データを識別・統合する。

 「Data-Master」のシソーラスは、データが増えれば増えるほどデータが蓄積され、学習スピードと辞書の精度が高くなり、マッチ率がさらに向上していくという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5