Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

テクマトリックス、ファイル無害化ツールとファイル転送システムを自動連携させ安全なファイル受渡しを実現

  2016/11/04 13:40

 テクマトリックスは、インターネット接続系ネットワークなどの外部から入手したファイルを自動的に無害化し、LGWAN接続系ネットワークに無害化ファイルの受け渡しを可能とするファイル自動無害化連携ツール「Votiro Auto Agent for FileZen」を、12月から販売すると発表した。

 2015年6月に発生した国内公共機関での大規模な情報漏えい事案を発端に、総務省は自治体に対して自治体情報システム強靭性向上モデルを提唱し、現在、各自治体はその対策に追われているという。

 その対策のひとつに、LGWAN接続系ネットワークとインターネット接続系ネットワークの通信経路を分割し、システム間で通信する場合には、ウイルスの感染のない無害化通信を図ることが提唱されている。

 テクマトリックスは、自治体の課題をその無害化処理の運用面や異なるネットワーク間を安全にやり取りできる仕組み作りとそのポリシー策定にあるととらえ、ファイル自動無害化連携ツール「Votiro Auto Agent for FileZen」の開発に着手したという。

 「Votiro Auto Agent for FileZen」は、インターネット接続系ネットワークとLGWAN接続系ネットワーク間の安全なファイルの受け渡しや上長承認などを実現するソリトンシステムズ社製ファイル転送システム「FileZen」と、アズジェント社が国内正規販売代理店であるVotiro社のファイル無害化ツール「Secure Data Sanitization(VOTIRO SDS)」の自動連携を可能にする。

 それにより、ファイル転送の操作をするだけで、自動的にファイルの無害化が行われ、転送先のネットワークでの安全なダウンロードが可能になるという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5