SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本オラクル、シームレスなクラウド連携が可能な初の仮想テープ・ストレージ製品を提供開始

 「StorageTek VSM 7 System」は、パブリック・クラウドに対する直接的で最大限に自動化されたストレージ階層化機能を提供するという。さらに、オラクルがIaaSとして提供する「Oracle Storage Cloud Service - Object Storage」および「Oracle Storage Cloud Service - Archive Service」とシームレスに統合できるように設計されている。これにより、クラウド・ストレージに対して、オンプレミスのストレージと同様にアクセスすることが可能になるという。

 従来のデータ保護ソリューションは、オンプレミスのシステム上で急増するデータに対応するように設計されていたが、「StorageTek VSM 7 System」は、まったく異なる設計思想に基づき開発されている。

 パフォーマンスの向上、容量の増加、より高度な拡張性といった中核の機能は重視しながら、さらに、市場のニーズに応えるためクラウドでのストレージ階層化の機能を開発し、メインフレームのユーザーがクラウドの経済的メリットを活用できるようになるという。

 「StorageTek VSM 7 System」の主な特徴は次のとおり。

 ・パフォーマンスと拡張性

 過去世代のVSMシステムとの完全なデータ交換をサポートし、富士通のOSIV/MSPならびにIBM z Systems双方のメインフレームに接続することができるデータ保護ソリューション。34倍の容量、256台の「StorageTek VSM 7 Systems」への極めて高い拡張性、データ重複排除、クラウドでのストレージ階層化の機能を提供し、メインフレームおよび異種混在環境のストレージのユーザーに追加容量へのオンデマンド・アクセスを提供する。

 ・セキュリティの強化

 オラクルの最先端プロセッサ「SPARC M7」を搭載し、パフォーマンスを損なうことなく保存済みデータと着脱式テープ・メディアにワイドキー暗号化機能を提供し、データ保護には、「SPARC M7」のセキュリティ機能である「Silicon Secured Memory」を使用。

 ・可用性

 オンプレミス側から「Oracle Cloud」にデータ保護ソリューションを提供し、メインフレームのストレージと異種混在環境のストレージのすべての要件に一元的に対応できる。ポリシーを設定することで、外部ディスク・ストレージから低コストのオフサイト・クラウド・ストレージにファイルを自動的にコピーまたは移行できる。

 クラウドでのストレージ階層化機能により、オンプレミスに導入した「StorageTek VSM 7 System」から「Oracle Storage Cloud Service」または「Oracle Storage Cloud Archive Service」へのエンド・ツー・エンドの可視性と診断のメリットを得ることができる。

 ・ディザスタリカバリー

 完全自動のディザスタリカバリーを実現。リモートサイトにメインフレームが必要なくなるため、コストは大幅に削減され、デプロイが合理化される。個々のコンプレックス間の電子データ共有、クラスタリング、レプリケーション、「Oracle Cloud」へのディザスタリカバリーにより、シンプルで柔軟なオプションが豊富に提供される。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8666 2016/11/09 14:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング