SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

インサイトテクノロジー、データインフラ可視化ツール「Attunity Visibility」を提供

 大規模なデータの蓄積や分散を可能とするデータ分析基盤が多数存在するが、これらのデータ活用の課題として、日々指数関数的に増加するデータの管理やデータ分析基盤のパフォーマンス管理が挙げられる。

 「Attunity Visibility」は、データ分析基盤のパフォーマンス分析、蓄積データの利用率の把握、ビッグデータへの投資対効果を測定、コストの削減を実現するという。

 「Attunity Visibility」の主な機能は次のとおり。

  • データウェアハウス・Hadoopの管理と最適化
  • ユーザー、アプリケーション毎のリソース使用率の可視化
  • 複数のデータ分析基盤を単一コンソールで監視
  • テーブル、領域毎のアクセス頻度を取得
  • 使用頻度の低い領域の識別、アーカイブ候補選定

 また、この製品の対応環境は次のとおり。

  • Oracle(10g, 11g, 12c, Exadata)
  • IBM Neteeza(version 6, 7)
  • IBM DB2(version 9.1, 9.5, 9.7, 10, 10.5)
  • Teradata(version 13, 14, 15)
  • Hadoop(Cloudera 5.3.0, 5.4.2 / Hortonworks 2.2.4, 2.3.0, 2.3.2 / MapR 4.1.0, 5.0.0)

 なお、インサイトテクノロジーでは、Attunityソリューションを紹介する「データ分析基盤を支えるデータレプリケーション技術とデータワークロード分析」セミナーを12月1日(木)に開催する。(詳細と申込み)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8671 2016/11/10 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング