SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

2016年第3四半期タブレット市場、ビジネス向けは前年同期比12.9%減の44万台――IDCが実績値

 市場の中心である家庭市場向けタブレットは、需要の低さからの買い替えの長期化や、製品の入替え時期による出荷の減少によってマイナス成長であった。また、ビジネス市場向けの出荷は、学校案件による教育市場向け出荷が前年同期比17.9%増とビジネス市場を底支えしたが、企業においては、評価導入などはあったもののポータブルPCとの競合や、タブレット需要の低さなどから、マイナス成長となった。

 2016年第3四半期の国内タブレット市場出荷台数の上位5社は、アップル、ファーウェイ、富士通、NEC Lenovoグループ、エイスースとなった。アップルは、前年同期比6.9%減と、iPad Air2の価格改定が行われたことからiPad Proと食合いとなり、出荷台数を落とすこととなった。ファーウェイは、通信事業者向け出荷が同社に集中しつつあり、前年同期比43.8%増で市場をけん引した。また、富士通は、通信事業者向けの新製品の出荷に加え、教育市場向けタブレットの出荷が進んだ。

 IDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストの浅野浩寿氏は、今後の見通しに関し「国内タブレット市場の一般民需や家庭市場向けは、利用される用途がPCやスマートフォンと非常に近いことから、需要は限定的なものとなりつつある。一方、教育市場向けタブレットは、教材としての明確な利用用途があることから、出荷台数を伸ばしている。一般企業でのタブレットは、明確な利用用途が見出せないと、今後も同様の傾向が続く可能性が高い」と述べている。

参考資料:2016年第3四半期 国内タブレット市場 ベンダー別シェア・出荷台数(作成:IDC Japan)  

 今回の発表は、IDCが発行する「国内モバイルデバイス市場 2016年第3四半期の分析と2016年~2020年の予測」にその詳細が報告されている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8741 2016/12/01 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング