EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2015年度のAPI管理市場は80.0%の急増、2020年度は5.6倍の市場規模へ――ITRが予測

  2016/12/13 12:30

 独立系ITコンサルティング・調査会社であるアイ・ティ・アールは、国内のAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)管理市場規模推移および予測を発表した。

 国内API管理市場の2015年度の売上金額は、前年度比80.0%増の高成長となった。この市場は、社内外にあるシステム間をセキュアに連携するための手段の1つとして注目を集めつつあり、大企業を中心に導入が進んできていることが要因となっている。

 2016年度は新規参入ベンダーが増加し、各ベンダーの積極的なプロモーション活動などにより認知度が向上しており、前年度比で2倍程度の市場規模に膨らむと予測している。現状はシステムの効率化を図る目的で、社内外に存在する複数のシステムをセキュアに連携するために導入されることが主となっている。

 今後は、APIの公開、およびそれに伴うデータの公開による新たな事業の創出への期待が需要の喚起を加速させ、デジタルイノベーションやデジタルトランスフォーメーションを実現するコア技術の1つとして導入が進むと考えられることから、同市場のCAGR(2015~2020年度)は41.1%、2020年度には2015年度の5.6倍になると予測している。

図:API管理市場売上金額推移および予測  

 今回の発表は、ITRが発行した市場調査レポート「ITR Market View:システム連携/統合ミドルウェア市場2016」に詳細を掲載している。このレポートには、BPM市場、BRMS市場、EAI市場、ESB市場、API管理市場、CEP市場、EDI市場を対象に、国内33ベンダーへの調査に基づいた2014~2015年度売上げ実績および2020年度までの売上げ予測を掲載している。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5