SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

インサイトテクノロジー、Oracle向けディザスタリカバリ ソフトウェアの最新版をリリース

 「Dbvisit Standby」は、Oracleデータベースのアーカイブログ情報(データの変更差分情報)を定期的に遠隔地に転送することにより、災害・障害時のデータ損失を極小化することが可能となり、ビジネスの継続を実現するという。

 最新版は、GUIにセントラルコンソールが新たに導入され、操作性が向上、複数のスタンバイ・データベースの一元管理が可能になった。また、スタンバイ・データベースがOracle RACの場合の構築・運用機能を強化したという。

 最新版で追加された主な機能は次のとおり。

  • セントラルコンソール:Webインターフェースで簡単に複数の構成を管理
  • スタンバイ・データベースがOracle RACの場合の構築・運用機能を強化
  • Oracle Database 12cのプラガブル・データベースをサポート
  • 既存のスタンバイ・データベースから、スタンバイ・データベース作成をサポート
  • APIを強化:80以上のコマンド行インターフェースをサポート
  • スタンバイ・データベースのSCN、またはTimestamp指定のリカバリをサポート
  • Switchoverのパフォーマンスが向上
「Dbvisit Standby」Version 8.0のメインメニュー  

 ■対応環境

  • Oracleデータベース:11gR2~12c(32 & 64bit version)
  • Oracleエディション:Oracle Enterprise Edition、Standard Edition(SE、SE1 & SE2)、Oracle Express Edition
  • ストレージ:ASMファイルシステム
  • OS:Windows:2008(64bit)以上、Linux:Intel & AMD(64bit)、Unix:AIX / Solaris(対応予定)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8852 2017/01/12 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング