EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立システムズ、英国シュアバイン社のサイバーセキュリティ情報共有基盤を企業や情報連携組織に提供

  2017/01/27 13:30

 日立システムズは、英国のシュアバイン社との協業により、異なる企業・組織間でサイバー攻撃などの対処情報などをインターネット上でリアルタイムに共有可能にするサービスを、2017年3月末までに販売開始すると発表した。

 このサービスは、英国において多くの実績を持つシュアバイン社のサイバーセキュリティ情報共有基盤「Threatvine(スレットバイン)」を利用したもので、日本では日立システムズが初めて提供する。

 「スレットバイン」は、英国において政府関係機関をはじめとする2,000以上の企業や組織が利用しているサイバーセキュリティ情報の共有基盤。情報を暗号化し保護する機能に加え、アクセス権の管理機能があるなど、機微な情報の取り扱いに対応している。また、匿名投稿機能による参加組織間での情報共有の活性化、参加に対する心理障壁の排除など、サイバーセキュリティの情報共有に特化した機能を有しているという。

 日立システムズは、「スレットバイン」の提供に加え、従来から提供しているセキュリティぜい弱性などのインテリジェンス情報をあわせて提供する。このサービスを導入することで、コミュニティ参加組織が受けたサイバー攻撃の内容や対応策等を匿名化の有無を指定して、コミュニティ内で共有することが可能になるほか、サイバー攻撃の動向をいち早く把握し、コミュニティ参加組織内の他社事例を基にセキュリティ対策を迅速に実行することが可能になるとしている。

 例えば、コミュニティ参加組織内のいずれかの企業がサイバー攻撃を受けた場合、その現象やログ情報をコミュニティで共有すると、関連情報を知る参加組織内の他社からの情報提供や、過去に同じことが起きたコミュニティに参加する別組織から解決事例の情報を取得できるなど、リアルタイムな有識者とのコミュニケーションにより、解決策の糸口を迅速に見いだすことが可能になるという。

「スレットバイン」の運用イメージ  

 「スレットバイン」は、サイバーセキュリティの情報共有を行うことに特化したソーシャルネットワーク基盤。複数の企業・組織間でサイバーセキュリティ情報のスムーズな情報共有やコラボレーションを実現したい企業向けのサービスで、クラウド上にプラットフォームを提供する。

 利用しやすいユーザーインタフェース、組織に必要な情報への素早いアクセスを可能にする情報管理、活発な情報共有や意見交換の妨げになる心理障壁の排除など、多くの機能を提供する。これらの機能により、情報共有を行うための信頼されたコミュニティの形成および組織間の情報共有の活性化によるコミュニティ全体のセキュリティレベルの底上げを支援するという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5