SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

カスペルスキー、データセンターなどの法人向け仮想化環境用セキュリティ製品の最新英語版を販売開始

 この製品は、VMware NSXで構築されたエンドポイントとネットワークの仮想化環境をサイバー攻撃の脅威からより効率的かつ高度に保護するために開発されたもの。セキュリティ仮想マシン(SVM)とネットワーク攻撃防御(NAB)で構成されている。

 仮想マシン(VM)ごとへの保護プログラムのインストールが不要になり、SVMのみで他の各VMのアンチウイルス処理やネットワーク攻撃防御を行うため、仮想化プラットフォームのパフォーマンスを低下させることなくVMを効率よく保護するという。

 従来のウイルス対策製品を各VMに導入した場合は、アップデートストーム/スキャンストームが発生しパフォーマンスに大きな影響が出ることがある。SVMとVMware vCenter Serverの通信負荷を軽減する仕組みを採用し、システム全体の負荷を軽減してVMの集約率向上を可能にするという。

 最新版では、VMware NSXテクノロジーとの連携によりマイクロセグメンテーションなど、仮想化ネットワークの利点を最大限に生かした高度なセキュリティシステムの構築および運用が可能になる。この製品には早く利用したいとの要望があり、英語版での販売を開始するとしている。今後、日本語版も提供される予定。

「Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless」によるVMware仮想化環境向けセキュリティ対策の基本構成  

 「Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless」の主な特徴は次のとおり。

 ・VMware NSXのセキュリティタグを利用することで、セキュリティ仮想マシン(SVM)がマルウェアを検知すると自動的にVMware NSXへ通知し、VMware NSXが感染した仮想マシン(VM)をすぐに隔離するため、他のVMやネットワーク全体への感染拡大を防止。

 ・SVMとVMware vCenter Serverの通信負荷を軽減する、Virtual Infrastructure Integration Server(VIIS)コンポーネントを活用することで、VMware vCenter Serverへの通信負荷を代替し、大規模環境においてもvSphereのパフォーマンス低下を抑制。

 ・ネットワーク攻撃防御(NAB)がWebトラフィックをコントロールし、ヒューリスティック分析によりアプリケーションを保護。

 ・すべてのVMの電源がオンまたはオフの状態に関わらず、仮想化インフラストラクチャ全体をスキャンすることにより、VMの電源を入れたタイミングでも安全に保護された状態でサービスを開始できる。

 ・SVMにSimple Network Management Protocol(SNMP)エージェントを搭載。SVMの稼働状況やCPU、メモリ使用量などの情報をSNMP監視ツールに送ることで、企業のネットワーク管理システムを利用して監視することが可能になる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8922 2017/02/02 13:15

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング