SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

セゾン情報システムズ、インテルセキュリティ製品によりファイル転送製品「HULFT」のセキュリティ強化

 セゾン情報システムズは、企業内・企業間でのファイル転送で使われている「HULFT」を安全・安心に提供するためには、高度化を続けるサイバー攻撃によるファイルの安全性の確認やなりすましによるセキュリティリスク対策として、これまで以上に強固でセキュアなシステムを構築することを決定した。そのため、インテルセキュリティが提供する「McAfee ATD(McAfee Advanced Threat Defense)」と「McAfee SIEM (Security Information and Event Management)」を組合せることにしたという。

 「McAfee ATD」は、定義ファイル、レピュテーション、振る舞い、動的解析(サンドボックス)、静的コード解析の複数エンジンを使用してファイル解析を実施するゼロデイマルウェア解析製品。また、「McAfee SIEM」は他社製品を含めて複数製品のログを集約し、相関分析ルールを用いて脅威の兆候を分析するセキュリ ティ情報/イベント管理製品になる。

 「HULFT」利用環境に、これら「McAfee ATD」と「McAfee SIEM」を組み込むことで、転送前後でファイルの動的解析やログ監視による不正操作の検知を行うため、より強固でセキュアなシステム構築が可能になるという。なお、「HULFT」と「McAfee ATD」「McAfee SIEM」の動作検証は完了し、両製品をシームレスに連携できることを確認したという。

 インテルセキュリティの製品と「HULFT」連携の構成例は次のとおり。

インテルセキュリティの製品と「HULFT」連携の構成例  
  • 各社取引先とは「HULFT」によるファイル転送をしており、昨今のサイバー攻撃などの脅威への対策として セキュリティ対策が求められている
  • 「HULFT」と「McAfee ATD」を連携することで、転送ファイルのサンドボックス(動的解析)を可能にし、安全なファイルのみを受信および他サーバへ送信する
  • 「HULFT」と「McAfee SIEM」を連携することで転送履歴の集約・相関分析を実施し、サーバの異常状態を監視する。異常状態を発見した場合は管理者へ通知を可能とする(オプションサービス)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8937 2017/02/07 17:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング