SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

FalconStor Software、ファイルベースの重複除外ソリューションを発表

 FalconStor Software,Inc.は4日、新製品としてファイルベースのデータ重複除外システム「FIDS (File-Interface Deduplicatoin System)」の発表を行なった。

 FIDSはブロックレベルの重複除外ソリューション。バックアップレポジトリとしてネットワーク共有インターフェースを提供する。同ソリューションを利用することによりスペースを節約できるほか、データを効率的にディスクに書き込むための新たな選択肢が得られる。中小規模ユーザの場合は、ディスクtoディスクのバックアップ/レプリケーション機能を利用できるためコスト削減、利益の向上を実現できるという。

 FIDSの主な機能は以下の通り。現在はベータテストを実施しており、2009年第1四半期での出荷を目指している。

  • ブロックレベルの重複除外のためのCIFS/NFSファイルインターフェース
  • 重複除外レポジトリへのファイルレベルでの即時アクセス
  • 各種サードパーティのバックアップソフトウェアに最適化
  • グローバル重複除外のためのN対1のレプリケーション機能
  • VMwareおよびMicrosoft Hyper-Vに対応したバーチャルアプライアンスとして導入可能

 また、仮想テープライブラリ「FalconStore VTL」の機能拡張と高速接続サポートの開始についても同日発表した。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

緒方 啓吾(編集部)(オガタ ケイゴ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/894 2008/12/04 13:56

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング