EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

インサイトテクノロジー、Oracle12cマルチテナント機能対応のDB監査ツール「PISO」を提供

  2017/02/23 14:30

 インサイトテクノロジーは、Oracle Database 12cのOracle Multitenantに対応した最新版データベース監視ツール「PISO」を2月23日から提供すると発表した。

 インサイトテクノロジーでは、マルチテナント・コンテナ・データベース(CDB)、プラガブル・データベース(PDB)環境のデータベース監査の需要増加や、Oracle12c Release 2からCDB/PDBがOracle社の推奨する標準構成となることをうけ、これまで多くのOracleデータベースへ導入実績のある「PISO」をOracle12cのマルチテナント機能に対応することにしたという。

 「PISO」のOracle12cマルチテナント対応では、マルチテナント機能の特徴である、PDBの独立性を活かし、PDB単位での監査が可能となる。また、PDBのUnplug/Plug時にも継続した監査を可能にするという。

 マルチテナントを採用した環境でも、J-SOXやPCI DSSといった各種法規制に対応したデータアクセス監査、リアルタイム監視による内部情報漏洩の抑止と不正アクセス検知を実現できる。

製品構成図  

 「PISO」は、SOX法、HIPAA、DISA、PCI DSSなどに対応した、情報漏洩を防ぐためのデータベース監査ツール。企業のデータベース監査基準に沿ったログを記録し、あらゆる監査報告書に対応できるレポーティングを作成する。また、リアルタイムモニタリング機能により、データベースに対するアクセスや操作を全てリアルタイムに監視し、監視ルールに違反したアクセスや不信な操作を検出することで、情報漏洩の抑止効果が期待されるという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5