EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ハイランドソフトウェア、 ビジネス向けのファイル共有クラウドサービス「ShareBase」を提供開始

  2017/05/31 14:30

 米ハイランドソフトウェア社は、5月31日、日本市場においてビジネス向けのファイル共有クラウドサービス「ShareBase」の販売を開始すると発表した。

 「ShareBase」は、組織内外のユーザーと安全にファイルを共有できるプラットフォームで、ハイランドクラウドでホスティングされる。ウェブ上だけでなく、あらゆるモバイルからアクセス、またローカルのフォルダとも同期ができ、共同作業をより速く、効率良く行うことができるという。

 「ShareBase」は、ハイランドのエンタープライズコンテンツマネジメント製品「OnBase」と連携し、業務ワークフローからの自動ファイル共有を実現し、さらなる利便性を提供するとしている。  製品の特徴は次のとおり。

 1. 会社がすべてのファイルをコントロール

 ・「ShareBase」のユーザーアカウントは、会社のEメールアドレスを使用するので、会社は、各ユーザーが誰とどのファイルを共有しているか管理できる。ユーザーの退職や組織変更による異動の際には、権限の取り消し、ファイルの移行ができ、不正なアクセス、ダウンロード、共有といったリスクを軽減する。

 ・ユーザーは、誰にどのコンテンツを閲覧させるか、どの権限を付与するか、有効期限、パスワード設定など、フォルダレベルから個々の文書のレベルまで詳細に設定でき、利便性とセキュリティを両立し、ストレスなく情報共有ができる。

 2. 10年以上の実績を持つハイランドクラウドで展開

 ・世界数拠点に配置されたデータセンターで、コンテンツ管理専用に設計された10年以上の実績を持つハイランドクラウドで展開される。

 ・すべてのファイルや文書は、システム毎に256-bit AES Keyを使用し、固有のキーで暗号化。また、他社のデータと混同されることなく保存される。

 3. エンタープライズコンテンツマネジメント製品「OnBase」と連携

 ・業務フローを通して、自動的にフォルダを作成して該当ファイルを外部ユーザーと共有したり、外部ユーザーが共有したファイルをOnBase内に登録することができる。「ShareBase」がOnBaseと連動することで、さらにソリューションを拡張し、生産性アップに 繋がる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5