SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

国内プライベートクラウド市場、2021年までの年間平均成長率は39%で1兆6,045億円に――IDC予測

「ITセキュリティの強化」がプライベートクラウド導入促進要因に

 国内市場では、従来型ITからクラウドへの移行を進める企業が増加している。クラウドへの移行をシステム領域別に見ると、電子メール、グループウェア、人事/給与、税務、経費といった汎用業務系システムは、パブリッククラウドSaaSへの移行が顕著だ。

 一方、カスタムアプリケーションやアドオン開発を行った基幹系システムは、アプリケーションアーキテクチャを大きく変えることなく、クラウドインフラストラクチャに移行するクラウドイネーブルド(Lift & Shiftと称されることが多い)となるケースが多く見られる。このクラウドイネーブルドが、現在の国内プライベートクラウド市場の成長を牽引している。

 国内企業のクラウドに対する期待も変化している。クラウドは登場して以来、「IT予算の削減」を導入の期待効果あるいは促進要因として挙げる企業が多いものだった。しかし、最近ではIT予算の削減よりも、「ITセキュリティの強化」や「ビジネスの迅速性の向上」を重要視する企業が増加している。

 2017年3月に実施したユーザー調査「CloudView 2017」の結果によると、プライベートクラウドの導入促進要因として、「ITセキュリティの強化」を挙げる企業が最も多くなった。また、「IT予算の削減」は上位5項目には入らなかった。

「従来型ITからの移行」「DXのプラットフォーム」を両輪として高成長を継続

 また、国内市場ではデジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)に対する関心も高まっている。なかでも、特定の産業に焦点を合わせ、新しい価値の創出を目的としたソリューションであるインダストリークラウドが急速に発展している。

 インダストリークラウドでは、AI(Artificial Intelligence)、IoT(Internet of Things)、ブロックチェーンなどの先端技術を活用することが多く、DXのプラットフォームとしてホスティング型プライベートクラウドとして提供されることも多く見られる。DXのプラットフォームとしてのプライベートクラウドが、今後の国内プライベートクラウド市場の成長を促進するとIDCは予測している。

 国内プライベートクラウド市場は、「従来型ITからの移行」「DXのプラットフォーム」を両輪として、今後も高い成長を継続するとIDCは予測している。

 IDC Japan ITサービスのリサーチディレクターである松本聡氏は「国内プライベートクラウド市場は、新たな成長期を迎えようとしている。その成長を牽引するのはDXであり、ユーザー企業がITサプライヤーに求める内容、価値も変化している。一方、インフラストラクチャといった汎用領域では差別化が難しくなっているため、ITサプライヤーは特定業務や産業特化に注力することよって、自らの特徴や優位性を示すことが重要である」と分析している。

参考資料:国内プライベートクラウド市場 支出額予測、2016年~2021年(作成:IDC Japan)

 今回の発表は、IDCが発行したレポート「国内プライベートクラウド市場予測、2017年~2021年」にその詳細が報告されている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9945 2017/10/17 13:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング