SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

サブスクリプション型ライセンス好調で箱売りビジネスからの脱却、テラデータのトランスフォーメーション戦略


 データウェアハウス向けの高性能、そして高価なアプライアンスを提供するベンダー、そういうイメージがいまだテラデータにはある。しかしながら今は「Think Big Analytics」を2014年に買収しアナリティクスのコンサルティングサービスを強化し、それが同社のビジネスの大きな柱となっている。またテラデータのハードウェアを前提とせずにさまざまなクラウドプラットフォームで、あるいはテラデータ以外のハードウェアの上でもテラデータのソフトウェアを活用できるようにする「Teradata Everywhere」の戦略も打ち出している。これら戦略はによる新生テラデータは、2016年5月にCEOに就任したビクター・ランド氏がリードしている。Teradata Universe Tokyo 2018のために来日したランド氏、チーフ・オペレーティング・オフィサーのオリバー・ラッゼスバーガー氏、さらにはエグゼクティブ・バイスプレジデントで日本を含むインターナショナル担当のピーター・ミケルセン氏に、変革するテラデータの最新戦略について話を訊いた。

変革のために営業チームを再編し、Salesforceも活用する

cap
左から
チーフ・オペレーティング・オフィサーのオリバー・ラッゼスバーガー氏、
CEO ビクター・ランド氏、
エグゼクティブ・バイスプレジデント インターナショナル担当 ピーター・ミケルセン氏

Q:テラデータではTeradata Everywhereの戦略を推進することで、高価なアプライアンス提供だけでなくパブリッククラウドでのテラデータのソフトウェア活用などを進めています。その際には、サブスクリプション型のライセンスの提供も始めています。サブスクリプション型では初期のライセンス収入が小さくなることもあり、当初は売り上げが一時的に下がりましたが3年ぶりに四半期売り上げも上昇に転じたとのこと。このようなアプライアンス主体のビジネスからの変革で、テラデータの営業担当のマインドチェンジなど、内部メンバーのトランスフォーメーションは順調ですか?

ランド氏:営業担当のトランスフォーメーションは順調に進んでいます。アカウントチームを新たに組織し、営業担当自身が新しい戦略のもとで顧客にどう対象すれば良いかを考えられるようにしています。一方で新たな営業トレーニングも開始し、こちらはトップダウンの形で実施しています。アカウントプランニングという顧客視点に立ったプロセスで考えるトレーニングを行っており、顧客のビジネス要求は何なのかを特定して、そのためにテラデータでは何ができるか考える訓練をしています。

 またSalesforce.comのツールを使い、営業担当のトランスフォーメーションの進捗状況を見える化することにも取り組んでいます。Salesforceのツールでは、担当するインダストリーが異なる組織間で営業方法を共有するなども行い、より顧客を理解できるような工夫も行っています。こういった取り組みで、全ての組織が活性化しています。その結果として、社員が新たに自信を持つようにもなっています。

 とはいえ企業のトランスフォーメーションは、終わりのない旅のようなものです。まだまだ時間がかかるところもあるでしょう。

ミケルセン氏:ほとんどのトレーニングは効果を発揮していますが、もちろん一部ではそれほど上手くいかないものもあります。上手くいかなければ組織に新たに手を入れることもあります。また営業のトランスフォーメーションについては、連携するコンサルティングの組織も重要です。コンサルティングを強化するためには、業界に特化していて顧客の経営からサポートできるコンサルタントや、よりデータを活用できるようにするためのデータサイエンティストなどの人材を増員しています。

次のページ
ハイブリッドクラウドが主流、ライセンスの大半が3年以内にサブスクリプション型に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/10815 2018/06/13 11:11

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング