Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場、2018年は前年比4.1%増で前年より高成長――IDC予測

2018/06/11 15:45

 IDC Japanは、国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション(UC&C)市場を調査し、2017年の同市場の分析と2018年~2022年の市場予測を発表した。IDCではUC&C市場を、「IPテレフォニー市場」「コラボレーティブアプリケーション市場」「IPコンファレンスシステム市場」「IPコンタクトセンター市場」の4つのソリューション市場に分類して、それぞれの市場について市場分析と市場予測を行った。

2017年の市場規模は前年比3.3%増の2,570億円3,700万円

 2017年の国内UC&C市場規模は、前年比3.3%増の2,570億円3,700万円になりました。2017年は、企業の音声インフラリプレイス大規模案件が低調だったことでIPテレフォニー市場がマイナス成長となったが、コラボレーティブアプリケーション市場はクラウド移行が堅調に進み好調を維持した。また、IPコンファレンスシステム市場とIPコンタクトセンターシステム市場では、市場の小型システムシフトが継続しており、低成長に留まった。

 2018年の国内UC&C市場は、2017年に低成長であったIPテレフォニー市場、IPコンファレンスシステム市場およびIPコンタクトセンターシステム市場が回復基調となり、前年比成長率4.1%増と、2017年より高い成長を予測している。

2017年~2022年は年間平均成長率2.5%で、2022年には2,908億6,700万円の規模へ

 IDCでは、2018年以降の同市場は、働き方改革の推進、ラグビーワールドカップ東京大会や東京オリンピック/パラリンピックに向けた音声基盤再構築やインバウンド顧客サポートへの投資、およびWeb会議などのコラボレーティブアプリケーションが一層進むことで、2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は2.5%で成長し、2022年には2,908億6,700万円の規模になると予測している。

 2019年~2020年の上記国内イベント向け先行投資として、2018年~2019年の同市場は3%以上の成長を予測しているが、2020年~2021年は、オリンピック開催後に一時利用クラウドサービスの解約や先行投資の反動によって同市場は1%台の成長に鈍化すると予測している。

 IDC Japan グループディレクターである眞鍋敬氏は「ベンダー/システムインテグレーター/通信事業者を含むITサプライヤーは、働き方改革を軸としたビジネスコミュニケーションのインテリジェント化、音声認識アプライアンスのUC&Cソリューション活用、UC&C機能のクラウド提供およびマルチクラウド化をパートナーと共に進めるべきである」と分析している。

参考資料:国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場 売上額予測・2017年~2022年
(作成:IDC Japan)

 今回の発表は、IDCが発行したレポート「国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場予測 、2018年~2022年」にその詳細が報告されている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5