SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Operation Online Press

非IT部門でもシステム構築可能なプラットフォームで業務効率化を――ServiceNow Japan事業戦略説明会


 ServiceNow Japan株式会社は日本での事業戦略、最新の顧客/従業員のサービス体験に関する記者説明会を開いた。同社の村瀬将思社長は「プラットフォームの活用は日本企業にこそ最適」として、日本国内における事業戦略などを話した。

アプリケーションPaaSに注力

ServiceNow Japan 株式会社 社長 村瀬 将思 氏

 これまでSaaS型ITSMの展開で知られてきた同社。村瀬氏によると、創業当初からプラットフォームの構築に取り組んでおり、村瀬氏は「今後、Service Nowはプラットフォームに力を入れていく」と話す。

 PaaSに注力する背景として村瀬氏は、長時間労働の是正や柔軟な働き方など、日本の働き方改革においてはモバイル端末の導入やチャット・電話による会議など一部の技術論ばかりが先行しているという現状の課題を指摘。「業務の自動化といった限られた人的リソースで労働の価値を高める取り組みを進めなければならない」と話す。

 そこで、本質的な日本の働き方改革を実現するためのプラットフォームとして、同社が提供する「Now Platform」を紹介。単一のプラットフォーム上で、ITSMだけでなくカスタマーサービス、セキュリティ、人事管理など業務分野を超えて使用可能。同社のアーキテクチャによってこれまでサイロ化されていた業務を部門横断して遂行可能にするという。

出典:ServiceNow Japan記者説明会[画像クリックで拡大表示]

次のページ
非IT部門でも容易なシステム構築を可能にする機能とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
Operation Online Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

Operation Online編集部(オペレーション オンライン ヘンシュウブ)

Operation Online 編集部
翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供する企業の「ITマネジメント」と「システム運用」に特化した専門メディア「オペレーションオンライン(Operation Online)」編集部です。「オペレーションオンライン」では、IT戦略/企画、システム基盤...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/10914 2018/07/05 18:01

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング