SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Operation Online Press

非IT部門でもシステム構築可能なプラットフォームで業務効率化を――ServiceNow Japan事業戦略説明会


非IT部門でも容易なシステム構築を可能にする機能とは

 Now Platformに実装されている機能は、複雑な処理プロセスを構築できるワークフロー・デザイナーや、Slackなど外部システムとの連携をプラットフォーム上で設定できるインテグレーション・ハブといった機能など。いずれも今年1月に実装されたばかりの機能でコーディング不要のため、非IT従事者でも容易に構築可能という。ITに明るくない「普通の人」でも簡単にシステムを構築できることで、より一層の業務の自動化や効率化にアプローチする。

 さらに、今夏には自社の過去データからパターンを学習してアサイン先や業務の優先度、カテゴリーの自動特定などを行うエージェント・インテリジェンスといった機能も実装予定。今後も新たな機能により、シンプルでスピード感が速く、プロセスの完結性や透明性といったユーザーエクスペリエンスを提供することで「人にしか出来ない付加価値が高く新しい仕事を創造できる」と村瀬氏は語る。実際に同社内でもプラットフォームの活用によりIT業務や人事業務などでサイクルタイムの削減を実現したという。

出典:ServiceNow Japan記者説明会[画像クリックで拡大表示]

 また、今秋には、同社主催によるHackathonと同社の提供するプラットフォームにおけるナレッジを共有するNow Forumを開催予定という。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
Operation Online Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

Operation Online編集部(オペレーション オンライン ヘンシュウブ)

Operation Online 編集部
翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供する企業の「ITマネジメント」と「システム運用」に特化した専門メディア「オペレーションオンライン(Operation Online)」編集部です。「オペレーションオンライン」では、IT戦略/企画、システム基盤...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/10914 2018/07/05 18:01

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング