Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ジャストシステムとNTTデータ、WebDBソフト「UnitBase」とRPAソリューション「WinActor」を連携

2018/09/06 15:00

 ジャストシステムは、ノンプログラミングWebデータベースソフト「UnitBase」で構築した業務システムの操作に対して、NTTデータが提供するRPAソリューションWindows操作 ロボット「WinActor」による自動化について検証したところ、業務上、利用可能なレベルで問題なく動作したことを発表した。

 「UnitBase」は、企業内のさまざま業務を誰にでも使いやすいフローとしてシステム化できるWebデータベースソフト。また、「WinActor」は、人手によるパソコン上での定型作業を自動化することで、作業時間を大幅に削減できるRPAソリューションになる。

 連携の実証によって、「UnitBase」で構築した業務システムへのデータ入力や、帳票・レポートの定期的な出力・配信といった作業を「WinActor」で自動化でき、業務の効率化や作業時間の短縮を実現できるという。

 今回、NTTデータ中国とともに、両製品の連携について検証を行ったところ、膨大な数のExcel帳票を「WinActor」で読み込み、「UnitBase」で構築した業務システムに自動登録を繰り返し行う動作、また「UnitBase」に蓄積したデータを元に「WinActor」が定期的にレポートや帳票を配信する動作について、実務で問題なく利用可能であることが確認できたという。

 「UnitBase」と「WinActor」を使うことで、膨大なExcel帳票も、「UnitBase」で構築した業務システムに短時間で自動登録できる。データを一元管理できるので、情報の検索性が向上する。データ入力に加えて、業務システムからの帳票やレポートの出力・配信まで「WinActor」で自動化できるので、業務効率の向上とともに確実な情報共有が実現するとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5