Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日商エレ、CASBを使ったシャドーIT対策「クラウドセキュリティ診断サービス」を提供開始

2018/09/19 15:00

 日商エレクトロニクスは、Cloud Access Security Broker(CASB)を使ったシャドーIT対策「クラウドセキュリティ診断サービス」を10月1日から提供すると発表した。クラウドサービスの利用状況の調査やリスク分析の診断サービスをスポットで利用できるという。

 「クラウドセキュリティ診断サービス」は、クラウドセキュリティ対策のファーストステップとして自社の現状把握に役立つCASBを使ったサービスになる。企業が運用するプロキシやファイアウォール装置のログ情報を基に、シャドーITを特定、リスクの高いユーザーやクラウドサービスを割り出す。

 専門のセキュリティアナリストが現状を分析、調査開始から約20日後には対策への提案などを含めたレポートを提供するため、クラウドセキュリティ強化の施策に役立てることができるという。

 すでに概念検証(POC:Proof Of Concept)を行った複数企業では、すべてのケースで運用管理者が把握できていなかった危険なクラウドサービスの利用が検出されたという。

 日商エレは、「クラウドセキュリティ診断サービス」を皮切りに、今後、CASBを導入した企業に対する運用支援サービスの提供を検討中だという。具体的には、運用ルール策定、リスク制御、情報漏えいの原因特定などを含めたCASB導入後の安定運用、セキュリティ強化支援を提供するとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5