Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

CTC、AIを活用したサイバー攻撃対策プラットフォーム「Cybereason EDR」を提供開始

  2018/09/27 14:45

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、米Cybereason社のAIを活用したサイバー攻撃対策プラットフォーム「Cybereason EDR」の提供を9月27日から開始すると発表した。

 サイバー攻撃の巧妙化や未知の攻撃の増加により、エンドポイントに侵入したサイバー攻撃を早期に検知し、対処することで被害の拡大を防ぐEDR(Endpoint Detection and Response)ソリューションに注目が集まっている。

 「Cybereason EDR」は、エンドポイントを常時監視し、AIを活用して侵入を早期に検知し対処することで、被害の拡大を防ぐEDRソリューションになる。AIを活用した独自の分析手法を用いてエンドポイントの膨大なログデータを自動で解析し、未知の攻撃の兆候やマルウェアへの感染などを早期に検知するという。

 攻撃の種類や侵入経路、被害を受けた端末、影響範囲などの解析結果をもとに攻撃の全体像を時系列でグラフィカルに可視化することができ、ウイルスに感染した端末を社内ネットワークから隔離したり、プロセスを停止したりすることができるため、問題が発生した際に迅速な初動対応が可能になる。また、蓄積した解析結果は再発防止策の検討にも役立てることができる。

 CTCは、セキュリティシステムの導入、情報セキュリティ検査、インシデント分析、セキュリティ運用サービスなど、トータルなセキュリティソリューションを長年提供しており、「Cybereason EDR」の導入やリスクの判定、対策支援、解析レポートなどのマネージドサービスを担う。既に導入済みのセキュリティ対策と連携した「Cybereason EDR」の導入も支援するという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5