Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

サイオステクノロジーとセゾン情報システムズ、Azure上での高可用性データ連携ソリューションで技術協力

  2018/10/04 16:00

 サイオステクノロジーとセゾン情報システムズは、データ連携プラットフォーム「HULFT」と、高可用性ソリューション「LifeKeeper/DataKeeper」との連携において技術協力を行い、迅速かつ容易に基幹業務システムをMicrosoft Azureクラウド環境へマイグレーションできるソリューションを共同で推進していくことを発表した。

 セゾン情報システムズの「HULFT」シリーズは、マルチプラットフォームに対応した、信頼性の高いデータ連携プラットフォーム。特にオンプレミス環境でのミッションクリティカルなシステムにおいて、「HULFT」シリーズは可用性・耐障害性を高めるためにサイオステクノロジーの高可用性ソリューション「LifeKeeper/DataKeeper」を組み合わせて活用されてきたという。

 近年、エンタープライズITにおけるクラウド化の動きが顕著で基幹業務システムのクラウド移行も加速しているが、クラウドへの移行を検討する企業には移行後も従来のオンプレミス環境運用と同等の可用性を保持したいというニーズがある。

 こうした状況を踏まえて、サイオステクノロジーとセゾン情報システムズは技術協力を行い、日本マイクロソフトの提供するクラウドプラットフォームMicrosoft Azure上での「HULFT」と「DataKeeper」の連携の動作検証を完了し、その検証レポートを作成・発表した。

 今回公表した検証レポート内には、Microsoft Azureの仮想マシン構築から「HULFT」のインストール、「LifeKeeper/DataKeeper」の高可用性設定までの手順が記載されている。その通りに進めれば、複雑な作りこみをしなくても、素早く簡単にシステムが構築でき、開発会社が保証するセキュアな環境での運用を可能にするので、企業は安心して基幹業務システムをクラウドへマイグレーションできるとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5