SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Operation Online Press

「DevOpsの指標は顧客に提供できる価値」成功の秘訣は?

 開発(Development)と運用(Operations)を合わせた「DevOps」。ガートナーの日本におけるハイプサイクルにおいて、2017年段階で既に過度な期待のピーク期から幻滅期の入り口に位置付けられていた。グローバルでは同時期すでに幻滅期にあった。現在、DevOpsの市場への浸透度には国内外で差があるものの、取り組む企業は日本でも確実に増えている。  今後DevOpsに取り組み成功するにはどのようなアプローチをとれば良いのか。グローバルで先進的にDevOpsに取り組む企業の特長などをガートナー シニアディレクター、アナリストのジョージ・スパッフォード氏に話を訊いた。

変化を求める企業はDevOpsに取り組んでいる

Q: 現状、先進的にDevOpsに取り組んでいる企業はどのような企業でしょうか

スパッフォード氏: 現在DevOpsを採用しているのは、ビジネスに確実性を求めた上で反応を速くしたい企業です。言い換えると、ビジネスには不確実性の要素があり、組織の意思決定を速くしなければならない組織です。小売りや銀行などの大手企業から導入が始まり、ここ最近は中堅、中小規模の企業にも広がりつつあります。もし企業が変化を必要としていなければ、DevOpsは必要ないかもしれません。

Q: DevOpsの導入が上手くいかない組織の特徴はありますか

スパッフォード氏: その企業の中に、変化のための明確なビジネスドライバーがなければDevOpsは上手くいきません。変化することの価値を企業が見据えている必要がある。もう1つDevOpsの導入で重要となるのが、人ですね。技術ではなく人。人が学びビジネスの中で変えたいところを見出さなければいけません。DevOpsがソフトウェアの技術と捉えているようでは、なかなか成功できないでしょう。

Q: DevOpsを企業内で推進・定着させるにはどのような人が必要ですか

スパッフォード氏: DevOpsで成功するには、ビジネスに取り組む態度と姿勢と技術スキルが必要。まずはビジネスに対し真面目に取り組む人が大事ですね。そしてスマートで経験値のあるリーダーシップ、さらにやる気があり、変化することの重要性を十分に理解していなければなりません。DevOpsの取り組みはチームで行います。そのため、チームで物事を進めるのに長けている人であるべきでしょう。IT技術者の中にはこのあたりが得意でない人もいます。

 技術的なスキルは、トレーニングで学べば身に付きます。変化に前向きな人は、新たなことを学ぶのにも積極的になります。一方で保守的でシャイな人は、変化に前向きになれずトレーニングで学ぶことも難しいかもしれません。マネージメントは、チームで変化に取り組みやすくする環境作りを意識する必要があります。メンバーは環境に左右されやすいのです。

 チームには、リーダーシップがあり正しい方向への変化を推進するリーダーが求められます。大きな方向性を示してそれに向かってメンバーのやる気を引き出し、動かせる人です。そのためには様々な意見にオープンに対応できること、何か誤りがあればそれにもオープンに対応する態度も必要です。何か失敗した時には、責任をとることも重要です。

次のページ
DevOpsの指標は顧客に提供できる価値

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Operation Online Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/12180 2019/06/25 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング