EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

デジタル競争第二幕は他人事ではない 経済産業省が描く"大敗を喫した日本企業巻き返しの一手" 実現の鍵を握る「デジタルアーキテクチャ」とは何か

edited by DB Online   2021/01/12 08:00

 Society5.0時代の新たなサービスの基盤となるべきデジタルインフラは、いまだ業種や省庁、企業ごとにサイロ化し、イノベーションの足枷となっている。海外の大手プラットフォーマーの後塵を拝する日本企業が今後巻き返すためには、縦割り構造を打破して新たなデジタルインフラを創出することが必要だ。その実現のカギを握る、産官学による「システム全体の見取図(デジタルアーキテクチャ)」とは何か。経済産業省のデジタル戦略を担当する経済産業省 商務情報政策局 情報経済課 アーキテクチャ戦略企画室 室長補佐の沼尻祐未氏が紹介した。

デジタル競争は第二幕へ、ディープなデータ活用に日本の勝機あり

 「Connected Industries(コネクテッド インダストリーズ)」という言葉をご存知だろうか。政府が掲げる未来の構想イメージ「Society5.0」を実現するための産業のあり方として、経済産業省が2017年から掲げているコンセプトのことだ。同年3月にドイツで開催されたCeBIT(国際情報通信技術見本市)で、安倍前首相から日本が目指す産業の在り方として宣言され、インダストリー4.0を推進中のドイツとともに協力体制を築きながら推進していくこととなっている。

 具体的には、日本が国際競争力を持つ5つの重点分野(自動走行・モビリティサービス、モノづくり・ロボティックス、バイオ・素材、プラント・インフラ保安、スマートライフ)を定めてデジタル化を進め、各分野へと広げようとしている。

 推進にあたっては、この5分野について、データの利活用・標準化、IT人材の育成、サイバーセキュリティ、AI開発などを横断的な取り組みとしてアレンジしながら政策展開を行う。その上で、企業間のデータ連携や人とロボットのデジタル連携、あるいはサプライチェーン全体のデータ連携といった世界観を共有しながら、目指すべき姿を産業界と議論することで社会像を探っていく。

従来課題を解決へ導き、日本の新たな強みを生み出す

従来課題を解決へ導き、日本の新たな強みを生み出す
[画像クリックで拡大]

 「Society5.0は”超スマート化社会”と銘打っているが、要は『サイバー空間とフィジカル空間が高度に融合した社会』であり、そこにデジタルを活用していくということ。しかし、政策がスタートした4年前は手探り状態で、まず何をすればいいのか端緒を掴むのが難しく、模索しながら進めてきた」と沼尻氏は振り返る。

 海外の巨大ITプラットフォーマーに対し、デジタル競争の第一幕では日本企業は大敗を喫している。現在も、プラットフォーマーが事業領域を拡大していることも相まって、危機感は募るばかりだ。たとえばGoogleは、検索サービスなどを事業起点としながらも、自動運転車開発部門のウェイモ(Waymo)を分社化することで自動運転サービスの開発に本格的に乗り出している。

 また、中国のバイドゥ(百度)も「アポロ(Apollo)」と呼ばれるAI駆動の自動運転プラットフォームの世界展開を狙う。他にも、Amazonはスマートコンビニ「Amazon Go」を展開していたり、Googleは米国大手の総合病院のメイヨー・クリニックと10年間戦略的提携を結ぶことで病院のデジタル化を進めたりと、実データを用いて実サービスに価値を返し、その範囲をどんどん広げているというわけだ。

 沼尻氏は「リアルデータを利用したサービスの競争、これを『デジタル競争第二幕』と呼んでいるが、世界的な潮流であることは間違いない」と語り、「第一幕はIT企業同士の戦いという印象で、他の産業はその動向を横目で見ながら潮流を掴んでいくというスタンスだったが、第二幕ではもう他人事ではない。自分たちのビジネスの中でどのようにデータを使っていくべきなのか、あるいは海外を含めた同業・他業他社がどのような戦いを仕掛けてくるのか。全産業を巻き込んだ競争へ発展していることを認識すべきだろう」と警鐘を鳴らした。

 しかし、沼尻氏は同時に「悲観することはない」とも語る。日本には、産業機器の稼働データやメンテナンスデータなどのリアルデータが多量に保持されているという。さらに、巨大プラットフォーマーも心拍数など”人間のディープなパーソナルデータ”までは深く追いきれていない。今後はリアルデータとディープなパーソナルデータにいかにアプローチしてビジネスに生かしていくのかが、日本が第二幕で巻き返せるかどうかの勝負どころというわけだ。

日本企業に残された勝ち筋は、ディープなパーソナルデータにあり

日本企業に残された勝ち筋は、ディープなパーソナルデータにあり
[画像クリックで拡大]

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 伊藤真美(イトウ マミ)

    フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ビジネスやIT系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

  • 丸毛透(マルモトオル)

    インタビュー(人物)、ポートレート、商品撮影、料理写真をWeb雑誌中心に活動。  

バックナンバー

連載:data tech 2020 レポート
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5