SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

酒井真弓の「Enterprise IT Women」訪問記

「女性こそタイトルにこだわってほしい」と同志にエール 起業、結婚・出産を経て“武闘派”と呼ばれるまで

第1回:SUBARU IT戦略本部 情報システム部長 兼 サイバーセキュリティ部長 辻裕里氏

 情報システム部門には男性が多いと感じる。皆さんの会社の情報システム部門には、どれくらい女性が在籍しているだろうか。本連載では、同部門で活躍する女性(ここでは親しみを込めて「Enterprise IT Women」と呼ぶ)にスポットを当て、仕事内容や働き方、現職に至った背景などを聞いていく。インタビュアーは、ノンフィクションライターで、自身も情報システム部門で就業経験のある酒井真弓が務める。果たして、どんな「Enterprise IT Women」がどんな思いで仕事をしているのか。

100年の歴史を持つSUBARU、“DXの現在地”は

 東京・恵比寿の本社ビル。連載最初の女性リーダーが笑顔で迎えてくれた。自動車メーカーSUBARUのIT戦略本部 情報システム部長 兼 サイバーセキュリティ部長の辻裕里さんだ。その発言力と手腕から、親しみを込めて“武闘派”とも称される辻さんだが、キャリアを通して一体何と闘ってきたのだろうか──。辻さんはこう話す。「今は優しくなれるように切り替えているんです。競うより、力を合わせたほうが大きな仕事ができるから」。和を乱さず、欲しいものを手に入れる。自分も周りも幸せにするマネジメントの術を聞きたくなった。

* * *

酒井真弓(以下、酒井):辻さんがSUBARUに入社して3年が経ちました。

辻裕里(以下、辻):そうですね。3年経ってやっと、“かみ合わないこと”に慣れてきました(笑)。自動車メーカーの仕事は、カッコいいクルマを作ってお客様に届けることです。でも、システムって最初から運用効率まで考えて作るじゃないですか。こうした考え方の違いから、当初は歩み寄れないことも多かったように思います。

 しかし、当社がコネクテッドビジネスに力を入れるようになって風向きが変わりました。「CASE[1]」や「MaaS」といった概念がハブとなり、お互いの主張が理解できるようになってきたんです。今では、「辻さんが3年前に何を言っていたのか分かってきたよ」と言ってもらえるようになりました。

画像を説明するテキストなくても可
SUBARU IT戦略本部 情報システム部長 兼 サイバーセキュリティ部長 辻裕里氏

酒井:DXの現在地を教えてください。

辻:3年前、当社はまだ紙やハンコが主流で、給与明細も紙でした。新型コロナウイルスの影響が出始めた2020年の初め頃は、在宅勤務のルールもなければ、持ち運びできるパソコンもネットワークも整備されていない状態。そこから1万人のリモートワーク環境を実現しました。このときは、多くの社員が「子どもの休校に合わせて在宅勤務できるようになって助かった」とか「情シスが頑張ってくれたおかげでイケてる会社に近づいた」と声をかけてくれて嬉しかったですね。

 一方で、経産省『DXレポート』でおなじみ「2025年の崖」を地で行くような古いシステムも数百に上ります。現在、老朽化対策するもの、刷新するもの、新たに立ち上げるものに分けて整理しているところです。ものすごい量なので、整理できたときの効果は大きい。そこで、私たちはこれもDXの一環と捉えています。

 2022年4月からは、アプリ開発の標準化を進めています。これまでは、要望ごとにアプリを開発し、作った後にインフラや運用を考えていました。

 先に製品を作るというのは自動車業界のやり方です。システムの世界では、作るものや目標を合意形成してからチームに分散しますよね。自動車の場合、何かを作るとなると瞬時にチームができあがり、それぞれ連携しなくても、プロジェクトが進んでいくのです。それが私にはとても不思議で。なぜこんなことができるのか聞いてみると、100年以上の歴史があって段取りに慣れているので、手前の課題から一つずつ解決していけるのだそうです。

 でも、同じことをアプリの開発・運用でもやっていては、統制が利かなくなるのが目に見えています。そこで今は、運用重視でインフラを共通化し、クラウドサービスやローコード開発ツールを使うことで、極力開発しないスタイルに移行中です。

酒井:情シス部長として、やりがいを感じるのはどんなときですか?

辻:私は子育てをしながら働いていたので、時間を無駄にするのがイヤなんです。周りが非効率的な仕事をしているのを見るのもイヤ。だから、ツールを導入して効率化できたとか、働きやすくなったとか、少しでもそう感じてもらえるのが嬉しいです。世間が言うキラキラしたDXではないけれど、仮に全従業員がそれぞれ1分でも効率化できれば効果絶大です。

酒井:情シスはまさに天職なんですね。

辻:そうなんです。情シスって何もなければ合格点、何かあればマイナス評価される損な役回りでした。でも、ここ数年でITの重要性は増し、当社でも情シスの仕事は5倍に膨れ上がっています。情シスがいなければ、もはやビジネスが成り立たないわけです。ですから、私はメンバーが楽しく働けるよう標準化・効率化を進め、クラウドやデータ分析、ローコード開発といった新たな領域にも挑戦しやすい環境を作っていきたいです。

[1] Connected(コネクティッド)、Autonomous(自動運転)、Shared & Services(カーシェアリングとサービス)、Electric(電気自動車)の頭文字

次のページ
27歳で起業、ダブルワーク 結婚・出産で収入が途絶えることへの危機感が原動力に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
酒井真弓の「Enterprise IT Women」訪問記連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

酒井 真弓(サカイ マユミ)

ノンフィクションライター。アイティメディア(株)で情報システム部を経て、エンタープライズIT領域において年間60ほどのイベントを企画。2018年、フリーに転向。現在は記者、広報、イベント企画、マネージャーとして、行政から民間まで幅広く記事執筆、企画運営に奔走している。日本初となるGoogle C...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16345 2022/08/05 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング