SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

「SAS Innovate」でグッドナイト博士が語ったViyaの今後、ChatGPTとの関係、AI倫理

「SAS Innovate 2023」レポート

 SAS Instituteは5月9日から2日間、米フロリダ州オーランドで「SAS Innovate」を開催した。初日の基調講演では、共同創業者兼CEOのジム・グッドナイト(Jim Goodnight)博士、CTOのブライアン・ハリス(Bryan Harris)氏が登壇。「30倍高速」とされるViyaと今後の投資戦略、ChatGPTとの関係、AI倫理などの内容を速報する。

変革期を迎えたSAS

 これまでSASは「SAS Global Forum」として年次イベントを開催してきたが、Innovateはユーザー層を経営層やビジネスユーザーに特化したイベントという位置付けとなる(データサイエンティストや技術者向けには「SAS Explore」を開催する)。今回のSAS Innovateはグローバルで初のリアル開催となり、1000人以上が登録した。

 AIの利用が急速に進みつつある中、1976年の設立以来アナリティクスを生業としてきたのがSASだ。そのSASが変化の時期を迎えている。

 製品では、AIとクラウドの時代に向けて、2016年にAIとアナリティクスのプラットフォーム「SAS Viya」を発表、従来の「SAS 9」からの移行を進めている。

 組織面では、2024年までにIPOを行う計画を明らかにしている。学生時代の研究から起業して以来、CEOとして同社を率いてきたのがGoodnight博士。創業来毎年黒字という偉業を成し遂げるなど、技術だけでなく経営者としての手腕も知られている。転職が頻繁におこる米国において、SASは従業員が働きやすい企業としても知られているが、5月に入り一部の米国外のオフィスを閉鎖することも明らかになった。

SAS Institute 共同創業者兼CEO Jim Goodnight博士

 「SASとはどのような企業か、市場におけるSASの価値は何か?」とHarris氏は自問しながら、「SASは、クラウドネイティブのAIとアナリティクスのカンパニーだ」と言い切る。主力製品となるViyaは、「市場において、最も高速で、生産性が高いAIとアナリティクスのプラットフォームだ。クラウドでも、オンプレミスでも、エッジでも、顧客が必要とするところで動く」という。

SAS Institute CTO Bryan Harris氏

「SAS Viya」の今後の展開

 変化の激しい現在こそ、Viyaを活用する意味がある、とGoodnight博士は話す。「スピードとアジリティを持って事業運営する必要がある。そのためには、データとモデルを最大限に活用するテクノロジーが必要だ」とGoodnight博士、「(Viyaは)さまざまな言語に対応しており、あらゆるスキルのユーザーが、自分に必要な答えを得られる。企業は投資も保護できる」と価値を説明した。

Viyaの業界別ソリューションに3年で10億ドルを投資

 そのViyaを土台とした業界別ソリューションを、今後3年で10億ドルを投じて開発することも発表した。金融、ヘルスケア、製造などの業界で養った専門知識を活かし、「データサイエンティストがいなくても容易にアナリティクスとAIを活用できるようにする」とGoodnight博士。

会期中、SAS Viyaを土台とした業界別ソリューションを構築することが発表された
会期中、SAS Viyaを土台とした業界別ソリューションを構築することが発表された

Microsoftと連携しジェネレーティブAIとの統合も

 なお、Goodnight博士とHarris氏は、話題の「ChatGPT」(OpenAIが開発するジェネレーティブAI)にも触れた。ChatGPTが出す答えは「完璧ではない」としながらも、「ジェネレーティブAIは将来の技術において一定の役割を果たすことになる。我々はMicrosoftと提携しており、ユースケースやジェネレーティブAIの統合について可能性を模索している」とGoodnight博士。これを、「責任のある方法で行う」「46年にわたって構築した顧客との信頼関係を強化する」と約束した。

次のページ
AI・アナリティクスの3つの条件

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

末岡 洋子(スエオカ ヨウコ)

フリーランスライター。二児の母。欧州のICT事情に明るく、モバイルのほかオープンソースやデジタル規制動向などもウォッチしている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/17724 2023/05/11 10:40

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング