SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

資格試験で学ぶシステム運用管理者入門

安定稼働のための必須科目、アベイラビリティ管理について学んでみよう

第4回

アベイラビリティ管理とは、システムリソースに関するさまざまな性能情報を長期間に渡って収集することで、システム全体の安定稼働を目指すことを指す。今回は、この考え方について解説する。

アベイラビリティ管理とは

 前回は、ネットワークやサーバなどのハードウェア環境と、その上で実行されるデータベースサーバやWebアプリケーションサーバなどを総合的に監視する統合管理について説明した。

 今回説明するアベイラビリティ管理は、これらシステムリソースの性能情報をさまざまな側面から長期間に渡って収集することで、システム全体の安定稼働を目指す製品である。アベイラビリティ管理には概ね3つの機能がある。

アベイラビリティの機能
  • 性能障害の原因調査をアシスト

     収集した性能情報を用いて障害の原因特定をアシストします。

  • 性能障害の予兆を検知

     性能上の危険領域に達した場合、ダウンする前に障害を回避するための運用をアシストします。

  • 長期的な設備増強を予想

     運用期間から得られた性能情報をレポートし、計画的な設備増強のタイミングをアシストします。

性能障害の根本原因を突き止める

 システムを運用していると、応答時間が設計値を著しく下回るような、いわゆる性能面の不具合に直面することがある。単純なシステムダウンとは異なり、この類の問題は原因箇所の切り分けと特定が難しく、長期に渡ってビジネス面に影響を与えかねない。

 例えば、Webアプリケーションサーバに対して十分にCPUやメモリを割り当てているにも拘らず、極端な応答待ちが発生している現象を取り上げてみよう。このような場合、症状が見られる画面は毎回異なり、発生する時間帯にも規則性が無いことが多い。

 問題解決にあたっては、まず応答性能について定期的に情報収集を行う。その後、問題発生前後の状況を分析して原因箇所を絞り込んでいく。ある程度、問題箇所の見当がついたら、その挙動に関する情報収集を行う。

 例えば、今回の例の背景が「Java仮想マシン(JavaVM)のヒープメモリ設計が不十分なためガーベージコレクションが頻発し、その間、業務アプリケーションが停止していた」というものだった場合、ここに至るまでに下記のようなステップを踏むことになるだろう。

原因究明の過程
  • 画面応答のボトルネックは、業務アプリケーションかそれ以外か
  • 業務アプリケーションでなければ、その原因はJ2EEサーバ側か、データベースか、通信系か
  • J2EEサーバの場合、その原因はコンテナかJavaVMか
  • JavaVMの場合、その原因はメモリ管理か、スレッド管理か

 「CPU利用率が高まった」「メモリの空き領域が少なくなった」といった瞬間的な見方ではなく、性能・稼働情報を定期的に収集・監視し、時系列で情報を捉えることで見えてくるものもある。それがアベイラビリティ管理である。

次のページ
障害が発生する前に対策をうつ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
資格試験で学ぶシステム運用管理者入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

友成 文隆(トモナリ フミタカ)

株式会社日立製作所 ソフトウェア事業部にてJP1やCosminexusなどミドルウェア全般を担当。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2080 2010/01/07 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング