EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第4回 MySQL事始 SQL文(1) SELECT

edited by DB Online   2011/07/04 07:00

今回はデータを取得するSELECT文を解説します。SELECT文の結果は、表形式の結果セット(Result Set)となります。

今回はデータを取得するSELECT文を解説します。SELECT文の結果は、表形式の結果セット(Result Set)となります。

SELECT文の基本構造

SELECT  取得する列のリスト FROM テーブル名 各種オプション句;

取得する列のリストは、複数の列の場合にはカンマで列を区切ります。オプション句では、クエリの実行結果を集計や取得するデータを絞り込む条件を定義します。代表的な句は以下の通りです。
 

キーワード 詳細
LIMIT 表示する行数を制限する
DISTINCT 結果セットから重複するデータを排除する
WHERE 特定の行をフィルタリングする
ORDER BY 指定した列の値で並べ替える(ソート)
GROUP BY グループ別での値の集計をする

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 梶山隆輔(カジヤマリュウスケ)

    日本オラクル株式会社 MySQL Global Business Unit Asia Pacific & Japan担当 MySQL Principal Sales Consultant オラクル社において、MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて、台湾、オーストラリア、インドに在籍するチームメンバーを束ね、アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。  

バックナンバー

連載:MySQL事始

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5