SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

ERPのデータベースがHANAになる日がやってくる


SAPジャパンは、11月7日に最新版となるSAP HANA SP3を提供開始するのに先立って、HANAの新機能に関する説明会を開催した。

比較された結果としてHANAが選ばれる

SAPジャパン リアルタイムコンピューティング推進本部長 馬場 渉氏
SAPジャパン
リアルタイムコンピューティング推進本部長
馬場 渉氏

 「システムのリアルタイム処理のボトルネックは、データベースにある」

 SAPジャパン リアルタイムコンピューティング推進本部長 馬場 渉氏は、このボトルネックを解消するために登場したのが、次世代アーキテクチャのインメモリデータベース「HANA」だと言う。当初HANAは分析用途に特化したインメモリデータベースとして登場した。しかし、本来はOLTP、OLAP、数値データ、非構造化データなどあらゆるものを対象としたデータベースを、これに置き換えるものとして開発されているとのこと。

 とはいえ現時点でHANAは分析用に特化しているので、先週Oracle OpenWorldで発表されたOracle Exalytics In-Memory Machineと競合することになりそうだ。

 馬場氏は「インメモリデータベースの市場に似たような製品が出てきて、HANAと比べられるようになるとは思う」と言い、その結果としてHANAが採用されるだろうと自信を見せる。

 HANAの世界市場を見ると、日本でのビジネスの成長はかなり大きいとのこと。その結果もあり、SAPのワールドワイドな組織である「グローバルHANA事業部門」において、単独国としては米国と日本だけが常任理事国入りを果たした。通常は地域リージョンでの参画となるものなので、日本市場への期待感の大きさがこのことからもうかがえる。常任理事国入りしたことで、日本独自の要求事項も挙げられるようになり、日本向けの機能拡張も今後は期待できるということだ。

 また、日本でのさらなるビジネス拡大のために、SAP Co-Innovation Lab Tokyo HANA POC Centerを開設し、HANAの実機を見て試せる環境を顧客やパートナーに提供する。「日本においては、見たことのないものを購入するというのはなかなかない」と馬場氏。実機で検証できる環境は、日本ではかなり要望の高いものとのことだ。

次のページ
1、2年のうちにSAP ERPのデータベースがHANAになる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3518 2012/02/10 18:05

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング