Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立ソリューションズ、情報漏洩防止の「秘文」を一新し、3製品でトータルセキュリティを構成

2015/06/24 12:40

 日立ソリューションズは、情報漏洩防止ソリューション「秘文」を一新し、内部不正やサイバー攻撃をはじめ、複雑化する情報漏洩リスクに対応する「秘文 Device Control」と「秘文 Data Encryption」の2つの新製品と、機能強化した「秘文 Data Protection」を8月31日から提供すると発表した。「秘文 Device Control」では、マルウェア感染したPCのネットワーク通信を自動遮断することで、被害拡散を防止する新機能を有している。

 「秘文 Device Control」は、PCにつながるデバイスの利用を制限することで、データの不正コピーを防止する。また、利用可能なWi-Fiアクセスポイントを制限することで、安全なWi-FiアクセスポイントでのみPCを利用する環境を提供するという。

 さらに、マルウェア対策製品と連携し、マルウェア感染したPCのネットワーク通信を自動遮断することで、企業から機密情報を「出さない」情報漏洩対策を実現する。

 「秘文 Data Encryption」は、HDDやUSBメモリ、CD/DVDなどPCの利用に関連したメディアの暗号化に加え、ファイルサーバー上のデータの暗号化もオールインワンで提供する。

 データの強制暗号化により、ユーザーのミスなどによる暗号化漏れを防止することで、不正な第三者に機密情報を 「見せない」 情報漏洩対策を実現する。

 「秘文 Data Protection」は、IRM(Information Rights Management)機能によって、社外に渡した情報の閲覧権限を管理することで、万が一、情報漏洩が起きた場合の漏洩拡大を防止する。

 さらに、流出の予兆を事前に検知できるよう、情報がアクセスされた場所を可視化する機能を追加し、情報を「放さない」情報漏洩対策を実現する。

 3つの「秘文」の主な特徴は次のとおり。

 1. 新製品「秘文 Device Control」

  • スマートフォンやリムーバブルメディアなど、さまざまなデバイスの利用を制限し、不正コピーを防止
  • テザリングや公衆無線LANなど、企業が許可しないネットワークの利用を禁止
  • 社外など、企業が許可したネットワークにつながらない場所では、PCをロックして利用を禁止
  • マルウェア検出ソフトと連携し、感染が検知された端末のネットワーク通信を自動的に禁止
  • 詳細なファイルアクセスログと、ネットワーク接続ログを振る舞いログとして取得

 2. 新製品「秘文 Data Encryption」

  • PC、USBメモリなどのリムーバブルメディア、CD/DVDのデータを暗号化
  • ファイルサーバー上のデータを暗号化
  • 強制的に暗号化することで、ユーザーの判断ミスによる暗号化漏れを防止

 3. 「秘文 Data Protection」の機能強化

 ファイルの参照以外の操作を禁止することで、ファイルの二次利用を防止。管理者および利用者は、必要に応じてファイルの閲覧を停止することで、情報の拡散を防止。

 さらに、情報が適正に利用されていることをより詳細に確認できるようにするため、次の機能を強化。

  • アクセスログを監視し、認証失敗の回数やファイル閲覧が想定外の場所や地域で行われたことを検知して、管理者へメール通知
  • 閲覧専用の暗号化ファイル(閲覧型機密ファイル)を参照した位置を、地図に表示して可視化

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5