Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立ソリューションズ、SBSホールディングスの共通グループウェアを「サイボウズ ガルーン」で構築

  2015/08/05 14:00

 日立ソリューションズとサイボウズは、SBSホールディングスと国内の主なグループ会社13社の共通グループウェアとして、サイボウズのエンタープライズグループウェア「サイボウズ ガルーン」をAWS上に構築し4月にシステムを稼働したと発表した。

 SBSホールディングスは、このシステムによってグループ会社を含む横断的な情報共有を実現し、また社外からのアクセス時にクライアント認証を実装することで、セキュリティの強化を図った。さらに、AWSをシステム基盤に採用することで、拡張性を高めるとともに、BCPを強化し、システム運用負荷を軽減したという。

 SBSホールディングスでは、これまで各社が異なるグループウェアを利用しており、グループ全体での情報共有は、個別メールでの対応にとどまるなど、情報の迅速な周知徹底に大きな課題を抱えていた。

 そこで、ガバナンスを効かせた形でのグループ全体での情報共有の推進に向けて、新たな情報共有基盤を検討することになり、データへのアクセス権限において細やかな設定が可能で、運用管理権限が委譲できる機能を備えた「ガルーン」が基盤として選定された。

 システムの構築にあたっては、「ガルーン」をはじめとするサイボウズ製品の導入に多くの実績を持つ、日立ソリューションズ・クリエイトがサイボウズと連携して取り組み、AWSについては、日立ソリューションズが担当し、約4か月での構築を実現した。

 日立ソリューションズ・クリエイトは、SBSホールディングスとグループ会社それぞれの閲覧権限などのポリシーをきめ細かく設定するとともに、「ガルーン」から社内の複数システムへのシングルサインオンを実現し、利便性を向上した。

 また、社外からのアクセス時のセキュリティを強化するため、クライアント証明書をユーザーの端末にインストールさせ、パスワードによるログインと合わせた二要素認証を実現した。

 さらに、SBSホールディングスの情報システム部門に対し、ITリソースの管理ツールなどを提供することで、システムの稼働状況の把握や改修計画の策定が容易に行えるよう支援した。

 日立ソリューションズは、AWSの構築に加え、「Amazon Web Servicesのための運用支援サービス」を適用することで、システムの今後のサーバー処理能力の向上やデータ量の増加にも対応可能な拡張性の高いシステム運用を実現した。

 また、2,500名の「ガルーン」ユーザーのシステム利用を支える体制として、システムバックアップやデータバックアップのサービスを提供し、障害時の迅速な復旧を可能とするとともに、24時間365日対応の監視サポートによる保守を担当することで、AWS上の仮想サーバーに対する障害時・災害時の運用を強化した。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5