SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Security Online Press

A10、セキュリティ分野へ意欲――セキュリティプラットフォーム「Thunder CFW」発表

 12月7日、A10ネットワークスはセキュリティプラットフォームとなる「Thunder CFW(Convergent Firewall、以下CFW)」を発表し、セキュリティ分野への意欲を見せた。日本市場では2016年第1四半期から提供開始予定。

 A10ネットワークスのこれまでの主要製品を見ると、アプリケーション配信のロードバランサー「Thunder ADC」やネットワークゲートウェイ「Thunder CGN」などネットワーク機器がある。セキュリティ関係で言えば、DDoS防御専用アプライアンス「Thunder TPS」も出しているものの、これだとまだ特定用途の専用機にとどまると言えるかもしれない。  

 12月7日、A10ネットワークスはThunderシリーズの新製品として「Thunder CFW」を発表した。日本市場への提供は2016年第1四半期から。価格は未発表。まずはアプライアンスで提供開始する。

 「Thunder CFW」はアプリケーションネットワーキングにセキュリティ機能を集約した製品だ。従来のACOS(Advanced Core Operating System)Harmonyプラットフォームをベースとしている。管理は従来製品同様にaGalaxy集中管理システムから行う。  

 おおまかに機能で見れば、ADCとCGNにセキュリティ機能を増強したものと考えていいだろう。A10ネットワークスの高木氏は「オールインワンのハイパフォーマンスセキュリティプラットフォーム。コンパクトな筐体で高性能」と胸を張る。

A10 ネットワークス株式会社 ビジネス開発本部 マーケティング部 部長
兼 エバンジェリスト エバンジェリスト 高木 真吾氏

 主な機能群を挙げると4つ。4つの集約型ソリューションを統合した。

セキュアWebゲートウェイ

 明示型プロキシ、URLフィルタリング、SSL可視化機能

データセンターファイアウォール

 DDoS防御機能とアプリケーション配信(ADC)が統合されたデータセンター向けファイアウォール機能。レイヤー4のステートフルファイアウォールおよびレイヤーのアプリケーションレベルゲートウェイ(ALG)を提供

Gi/SGiファイアウォール

 DDoS防御機能、IPv4枯渇対策/IPv6移行機能(CGN)が統合されたGi/SGiファイアウォール。

サイト間IPSec VPN

 VPNトンネリング。サイト間のアプリケーショントラフィックをパフォーマンスの高いIPSec VPNで保護。  

 今後提供される製品では機能が増えることも予定されているという。なおCFWはアプライアンスであるものの、ソフトウェアベースのプラットフォームなので追ってソフトウェアの提供を予定しているという。時期は「2016年中」とのこと。  

 今回の発表ではA10ネットワークスがセキュリティ分野へ本格的に参入するという意欲がありありと見受けられた。チェン氏はインターネットトラフィックの暗号化が急速に進み、サイバーセキュリティ市場も急伸していることを挙げ、「近年の大きな流れはA10の強みを発揮できる」とチャンスと見ているようだ。

Networks, Inc. 創業者 兼 CEO リー・チェン氏

 また従来同社は主に通信事業者やデータセンターをターゲットとしていたところ、CFWではエンタープライズを強く意識していることも目を引く。背景としてチェン氏は企業では暗号化トラフィックの増加によりセキュリティ装置の検知能力が低下していること、また機能集約が進み負荷が増大している実情を挙げ、「セキュリティ機器を負荷から開放(オフロード)して、攻撃の検知能力を増強する必要があります」と課題を明らかにした。こうした背景へのソリューションにCFWのセキュアWebゲートウェイがあるという。  

 同社は今後CFWの機能を増強すると話している。セキュリティ分野への注力はしばらく続きそうだ。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Security Online Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/7528 2015/12/09 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング