SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine イベント一覧

2024年3月「Security Online Day 2024 春の陣」開催予定

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

「DevOpsの推進には経営層の意思が不可欠」米CAバイス・プレジデントが語る


 ソフトウェア開発部門と運用部門の連携を高め、ビジネスの変化に合わせてシステム開発を高速化する、こうした要求に応えるためにDevOpsが近年注目されている。しかし、積極的に取り組む米国に比べると、日本での取組みはまだ限定的な状況であることも事実だ。米国の動向と日本との違いについて、来日したCA Technologiesのバイスプレジデントのクリス・ロウェット氏に話を聞いた。

米国の経営者はアプリケーションの価値を重視

Chris Rowett

CA Technologies アプリケーション部門 テクニカル・セールス担当バイス・プレジデント
クリス・ロウェット(Chris Rowett)氏

 CA Technologiesはメインフレーム管理やシステムの運用監視、管理系ソフトウェアを提供している。近年ではアプリケーション・エコノミーというコンセプトを打ち出しており、アジャイル開発、DevOpsのソリューションに注力している。今回のクリス・ロウェット氏の来日は、日本の企業に対するDevOps製品の普及を目的としたものだ。米国で急速に進んでいるのは「デジタル変革」だとロウェット氏は言う。

 「かつて街中にあった銀行の支店は今ではすっかり減っています。銀行の窓口は10数年前にWebになり、今ではスマホアプリになっているのです。これがデジタル・トランスフォーメーションです。自社サイト、クラウドサービス、アプリケーションが企業の命運を左右することを、世界中の経営者は気づいています」

 新しいソフトウェアを開発したいと考えたとしても、3ヶ月以内にそのソフトウェアの企画を承認し、開発を進めユーザーに導入できる企業はわずか8%に過ぎないという独立調査会社の報告を、ロウェット氏は紹介する。

 さらに94%の企業の経営者(CEO)は「アプリケーションのリリース期間の短縮圧力が高まっている」と考え、3分の2のビジネスリーダーは「事業の将来性はソフトウェア品質に関わる」と実感していると言う。

 ではデジタル変革と、これまでのIT化では何が違うのか、ロウェット氏は次のように語る。

 「常にソフトウェアを更新していくことです。スマートフォンのアプリだけでなく、自社の事業をサービス化するアプリケーションやWebシステムなどを柔軟で迅速に作るプロセスを持つことが、顧客満足やブランドの優位性をもたらします」

 この「常に更新するプロセス」を内包するソフトウェア開発に必要なものとして、3つの柱をロウェット氏は掲げる。

次のページ
継続的デリバリーのためのツールをつなぐ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/8987 2017/03/03 12:24

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月「Security Online Day 2024 春の陣」開催予定

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング