NEC、米国にセキュリティ監視拠点設立、世界3極での24時間監視体制の運用開始へ:EnterpriseZine(エンタープライズジン)
Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NEC、米国にセキュリティ監視拠点設立、世界3極での24時間監視体制の運用開始へ

2017/03/13 14:45

 NECは、セキュリティ監視サービス事業の拡大に向けて、NECグループのセキュリティ専門企業であるインフォセックの子会社として米国カリフォルニア州サンタクララに新たな監視拠点を設立し、4月から運用を開始する。

 新拠点は、昨年オーストリア共和国に設立した監視拠点に続き、世界3極での時差を利用した24時間監視体制の構築に向けた取り組みの一環として設立したもの。また、セキュリティ事業拡大を目指し、現地パートナー企業の開拓やマーケティング活動を行う。

 NECは、自社およびインフォセックのセキュリティ専門要員が顧客のネットワークやWebサイトを24時間365日体制で監視する、セキュリティ監視サービスを提供しており、これまでサイバー攻撃対策の導入・運用を支援する中核拠点「サイバーセキュリティ・ファクトリー」において集中的に監視を行っていた。

 今回、顧客数拡大への対応および高いサービス品質の維持のため、日本・欧州・米州の全3拠点で時差を利用して、それぞれが日中の時間帯に業務を行う24時間監視体制(Follow the Sun)を構築することとし、昨年10月にオーストリア共和国に設立した「Infosec Austria GmbH」に続き、米国に新たな監視拠点を設立した。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5