Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

PFN、深層学習研究などを目的に民間企業で国内最大級のプライベート・スーパーコンピュータを稼働

2017/09/20 15:45

 Preferred Networks(PFN)は、自動運転技術やがん診断をはじめとした深層学習(ディープラーニング)などの研究開発用プライベート・スーパーコンピュータを、9月から稼働したことを発表した。

 このスーパーコンピュータは、NTTコミュニケーションズとNTTPCコミュニケーションズの高速演算処理(GPU)プラットフォームを採用し、計算ノードにはNVIDIA製Tesla P100 GPUを1,024基搭載している。民間企業のプライベートな計算環境としては、国内最大級になるという。

 PFNでは、深層学習の研究開発や関連技術の迅速な実用化のため、最新GPUによる、高速かつ潤沢な計算環境が必要だったという。また、GPUの稼働にあたっては高電力の確保、排熱処理、ネットワークの高速化が課題であった。 

 これらの課題を解決するため、PFNは、GPUサーバーにおける高い技術力と豊富な実績、最先端のデータセンター構築ノウハウを持つNTT Comグループのマルチノード型GPUプラットフォームを採用し、PFN独自の並列分散学習技術ChainerMNを活用するための大規模なマルチノードの深層学習用研究開発基盤を構築した。

 ■PFNのプライベート・スーパーコンピュータの概要

 (1) 民間企業のプライベートな計算環境として国内最大級

 最先端のマルチノード技術を活用しており、NVIDIA製 Tesla P100 GPUが1,024基稼働。理論上のピーク性能は4.7ペタフロップスで、これは、民間企業のプライベートな計算環境として国内最大級。

 (2) NTT Comグループならではの実現力

 NTT Comグループは、GPUのパフォーマンスを最大化するための豊富な構築ノウハウや、世界トップレベルの信頼性を誇るデータセンターサービス「Nexcenter」および「Enterprise Cloud」の構築実績を活かし、マルチノード型GPUプラットフォームを実現・提供している。

 PFNは、今回構築したプライベート・スーパーコンピュータを活用し、オープンソースの深層学習フレームワーク「Chainer」の高速化を進めるという。さらに、大量の計算資源を必要とする交通システム、製造業、バイオ・ヘルスケア分野での研究開発をより一層加速させる。また今後は、次世代GPU「Volta」ベースのNVIDIA製 Tesla V100の導入も検討しているという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5