Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

著者情報

  • 守本正宏(もりもと まさひろ)

    株式会社UBIC 代表取締役社長

    2003年株式会社UBICを設立。米国のフォレンジックツール企業と独占販売契約を締結。同年フォレンジックツール及び技術トレーニング事業を開始。2005年5月よりフォレンジックラボの運用を開始し、企業のコンプライアンス支援としてコンピュータフォレジックを活用した内部犯罪調査・監査のためのソリューションを提供。さらに米国などの訴訟時に必要な電子情報開示に関する支援(Eディスカバリ)を行い、企業の成長要因を阻害する法的リスクを予防・低減することにより安定的な成長を促進する戦略予防法務サービスを提供している。

    NPOデジタル・フォレンジック研究会の設立に発起人として従事。わが国におけるコンピュータフォレンジックの啓蒙・普及のために活動している。

    公認不正検査士(CFE)、NPOデジタル・フォレンジック研究会理事
     


執筆記事

  • ubica.gif
    2011/02/25

    リーガルテクノロジー業界と各国の事情

    訴訟大国アメリカを支える大きな業界がリーガルテクノロジー業界である。最終回となる今回は、リーガルテクノロジー業界をみながら、アメリカ、日本、EU、それぞれの状況をみてみたい。

  • ubica.gif
    2011/02/21

    ディスカバリ作業の概要

    ディスカバリの現場においてはどのような作業が行われるのか。提出データの選択から提出用のデータ形式の変更まで、一通り解説していく。

  • ubica.gif
    2011/02/16

    証拠開示手続き(ディスカバリ)とは何か

    米国民事訴訟制度には、ディスカバリと呼ばれている日本の司法制度にはない手続きが存在する。これは民事訴訟手続きにおいて、原告及び被告がお互いに証拠を開示し、事実を発見する手続きである。

3件中1~3件を表示
戻る


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5