Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

著者情報

  • 北野晴人(キタノハルト)

    日本オラクル
    製品戦略統括本部 
    担当ディレクター /CISSP-ISSJP

    1964年東京生まれ。2種通信事業者、システムインテグレータ、外資系通信機器ベンダなどを経て、2001年から現職。データベース、アイデンティティ管理を中心にオラクル製品のセキュリティを担当中。CISSPアジア・アドバイザリー・ボードメンバー、情報セキュリティ大学院大学客員研究員。


執筆記事

  • 3645_a.jpg
    2011/12/12

    情報の「金庫」、データベースを守れ/標的型攻撃に対して「真ん中」を守ること

    「標的型攻撃」については、「電子メールによる攻撃」というイメージが強いのですが、厳密には電子メールだけではなく、USBなどの外部記憶媒体、外部のダウンロードサイトのソフトウエアなど多くの攻撃経路が存在します。また従来から行われているソフトウエアの脆弱性を突く攻撃をはじめとしたさまざまな種類の攻撃も、特定の企業・組織に絞って執拗に行う場合「標的型攻撃」であると言えます。

1件中1~1件を表示
戻る


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5