Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

著者情報

  • 白山 貴之(シロヤマ タカユキ)

    日本マイクロソフト株式会社

    クラウドプラットフォーム技術部
    テクノロジースペシャリスト
    vExpert 2010~2015
     
    学生時代に NeXT に堕ちたのが運の尽き、野良プログラマとしてSVR4でスレッドプログラミングやら、SybaseでTDSやら、NTLMv2などの認証周りの再実装やら、NIS,OpenDirectory, ActiveDirectory の情報同期の実装やらをしでかす。ベンチャー企業でサーバもストレージもネットワークも何でも触らされてきた器用貧乏さが要件に合致して VirtualIron の国内立ち上げやら、ソフトバンクC&S株式会社でのVMware 製品の卸売など仮想化製品の技術支援に従事の後、思うところがあり現職に至る。
     
    休日は本と富士山麓を手に引き籠もっていたが、最近はGR片手に800系を撮りに出歩くこともある模様。なお、酷道の趣味はない。

執筆記事

  • 2015/12/21

    ILM による保護

     前回は Azure RMS を例に、ILMを導入することでどういったことが実現されるかを説明しました。便利な仕組みだから、是非とも導入したい、とお考えの方もひょっとしたらいらっしゃるかもしれません。そこで、今回はもう少し踏み込んで、ILMを実現するのにどういった構成が必要かを見てみたいかと思います。

  • 2015/11/05

    ILMとは何か?

     ILM(Information Lifecycle Management)をご存じでしょうか。ILMとは、電子データそのものに対して、その利用目的、重要度、秘密度などといった属性に応じて管理していく方法です。これまでのセキュリティがデータを共有する「人」の側に重点を置いているのに対し、ILMでは共有される「データ」の側に視点を据えて管理します。本稿では、このILMという仕組みについて実例を交えながら解説していきたいと思います。

2件中1~2件を表示
戻る


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5