Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Googleに買収されるLookerが日本で本格的にビジネスを始動

edited by DB Online   2019/07/17 07:00

 Googleに買収されることが明らかになり、日本でもその名が知られるようになったLooker。Lookerはクラウド型のBIソリューションを展開するベンダーで、Googleのクラウドサービスの1つでデータウェアハウス用途に利用されるBigQueryなどのデータベースと連携させて利用するものだ。Lookerの大きな特長が、Lookerの中にはデータを持たないことだ。

SaaSから提供するAPIでデータを持たずにBI機能を提供する

Looker Data Science バイスプレジデント ジャパンカントリーマネージャーの小澤正治氏
Looker Data Science バイスプレジデント ジャパンカントリーマネージャー
小澤正治氏

 Lookerの日本法人がビジネスを開始したのは2018年9月のこと、「これまでの10ヶ月はステルスモードでやってきましたが、これからがグランドオープンです」と語るのは、Looker Data Science バイスプレジデント ジャパンカントリーマネージャーの小澤正治氏だ。ステルスモードの間に、日本の20社ほどにLookerは導入されている。Lookerを導入する企業の傾向としては、Eコマースやマーケットプレイス、デジタルマーケティング関連など、膨大なデータを抱えそれがどんどん増えているような企業となる。

 Lookerのアーキテクチャは、まずはさまざまなSaaSのアプリケーションや企業が運用している各種データベースなどのデータソースから、クラウド上のGoogle BigQuery、Snowflake、Amazon Web Servicesといったデータウェアハウスにデータを集める。このデータウェアハウスを構築するところは、特段Lookerの機能が関わるところではない。できあがったデータウェアハウスのデータに、SaaSで提供されるLookerのAPIでアクセスする。LookerではBIのダッシュボードなどもSaaSで提供しており、それらからAPI経由でデータウェアハウスにアクセスしデータの可視化や分析を行うのだ。

 LookerのAPIでアクセスするデータベースは、前述のようなクラウド上のデータウェアハウスのサービスだけではない。オンプレミスのOracleやSQL Serverなどのデータベースでももちろん構わない。同時に複数のデータベースをアクセス対象にでき、それらにはJDBC経由のSQLで接続しデータ検索などを行うことになる。複数のデータベースから得られた結果データはLookerの上で統合し、分析、ビジュアル化することが可能だ。またLookerからデータベースにアクセスする際には、ユーザーがSQLを記述しなければならないわけではない。LookerのLooKMLというモデリング言語を使うことで、SQLを抽象化してデータウェアハウスにアクセスできる。

 またLookerのAPIを利用して、既存のアプリケーションの中にLookerのデータ分析機能を組み込むこともできる。BIツールだけだと、データアナリストなどデータ分析の専門家しかなかなか使いこなせない。現状では、アナリティクスの民主化なども叫ばれ、ユーザーフレンドリーなBIツールを提供してユーザー層を広げる動きはある。しかしながら実際には誰でもそれを使いこなせるわけではなく、ある程度のデータ分析のリテラシーがなければ全ての従業員がデータ分析を使いこなすまでには至らない。対してLookerでは、APIを使って「普段使っているアプリケーション」の中にアナリティクスの機能を埋め込むことができる。この機能があることで、真に「誰でもデータを活用できるようになる」と語るのは、Lookerのチーフ・プロダクト・オフィサーであるニック・コールドウェル氏だ。

Looker Data Science バイスプレジデント ジャパンカントリーマネージャーの小澤正治氏
Looker チーフ・プロダクト・オフィサー 
ニック・コールドウェル氏

 Lookerのビジネスは順調に伸びており、グローバルの顧客数は1,700を越えている。そのうちの1/3は、Lookerの機能をアプリケーションなどに組み込む形で利用している。BIツールを使いやすくして全社員に配るのではなく、普段使われているアプリケーションの中に組み込めるようにする。このLookerのユニークなアプローチは、確かに企業におけるデータ分析の民主化につながるだろう。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジ...

バックナンバー

連載:週刊DBオンライン 谷川耕一

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5