SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

管理職のExcel負担を軽減! インプリムが掲げるマネジメントのDX

-[Vol.687]-------------------------------------------------------
このメールは翔泳社のメディア・イベント・サービスにご登録いただいた方に
お送りしています。配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1]今週のホットトピック!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!
EnterpriseZine編集部です。

今週ご紹介する記事はこちら!

◆煩雑な“Excel管理”の乗り換え先として注目、
ローコード開発ツール「プリザンター」に込めた想い
https://enterprisezine.jp/article/detail/16453?utm_source=enterprisezine_regular_20220927&utm_medium=email

日々の業務に追われる業務部門では、従来の作業の進め方を
変えられず、非効率な状況が続いていることが多いとよく耳にします。

そのような業務を効率化するために、今注目を集めているのが
ノーコード、ローコードによる業務アプリ開発の内製化です。

今回の記事では、ノーコード、ローコードの業務アプリ
開発基盤である「Pleasanter」(プリザンター)を
SaaS化することで見えてきたニーズやメリットについて、
同ツールを提供するインプリム 代表取締役社長 内田太志氏に取材!

インプリムは「マネジメント業務のDX」を掲げ、
大規模プロジェクトにおけるマネージャーの
負担軽減と「快適化」を、「プリザンター」によって
実現するとしています。

その具体的な内容とは何か。
ぜひ記事内でご確認ください!

★企業のIT活用に関する記事やセミナーなどの
最新情報はSNSからもチェック!

・EnterpriseZine Twitterページ
 

・EnterpriseZine Facebookページ
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2]新着記事:6本(2022-09-20~2022-09-27)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「脆弱性は攻撃者にとって“魔法の杖”」岡本勝之氏に訊いた、
活発化するサプライチェーン攻撃と対策
 吉澤 亨史[著] 岡本 拓也(編集部)[聞] 丸毛透[写]
 企業を取り巻くサイバー脅威が巧妙化する中で、サプライチェーンを
狙ったサイバー攻撃の被害がしばしばニュースとなり、関心を集めている。
また、ランサムウェアやマルウェア「Emotet」、ゼロデイ脆弱性を狙う
攻撃なども活発化している。この状況で、企業はどのような考えでサイバー
セキュリティ対策を構築していくべきなのか、トレンドマイクロの
エバンジェリストである岡本勝之氏に話をうかがった。
 https://enterprisezine.jp/article/detail/16608?utm_source=enterprisezine_regular_20220927&utm_medium=email

◆澤円氏、Coupa小関氏が語る、「DXマインド」に
シフトするための「6つの心得」
 山本信行[著] 京部康男 (編集部)[編]
 「2020年にCOVID-19によって世界はリセットされた」と語るのは、
元マイクロソフトのエバンジェリストで、圓窓 代表取締役の澤 円氏。
2022年7月14日に開催された「COUPA Japan Symposium2022」での
澤氏とCoupa の小関社長が語ったセッションを紹介する。
 https://enterprisezine.jp/article/detail/16575?utm_source=enterprisezine_regular_20220927&utm_medium=email

◆「3年でほぼ全ての金融機関の参画目指す」
長年の課題を打破できるか、金融データ活用推進協会の方策とは
 森 英信[著] 岡本 拓也(編集部)[聞] 丸毛透[写]
 ここ数年、さまざまなフィンテックサービスが登場している一方、
メガバンクを中心とした金融機関によるデータ活用のスピードが遅いと
感じている人もいるだろう。この背景には、金融機関同士の交流が少なく、
情報やノウハウの共有がされていなかったことがあるという。
各金融機関が個別に取り組んでいるため、なかなか金融データの活用が
進まないという状況を打破するため、金融データ活用推進協会が設立された。
業界のトップランナーたちが参加し、いくつもの委員会が立ち上げられ、
目標へ向けた取り組みが進んでいる。金融データ活用推進協会が今取り組ん
でいること、そして今後の展望を聞いた。
 https://enterprisezine.jp/article/detail/16639?utm_source=enterprisezine_regular_20220927&utm_medium=email

◆SAPがローコード/ノーコードツールの強化で目指す
「これからの業務システム」の姿とは?
 高橋 美津[著] OGURA[写]
 SAPは近年、「ローコード/ノーコード開発ツール」領域への投資を
強化している。基幹業務パッケージのリーディングカンパニーである同社が、
この領域へ注力する理由は何か。そして、具体的にどのような
ソリューションを提供、強化していこうとしているのか。
SAPジャパンの担当者に話を聞いた。
 https://enterprisezine.jp/article/detail/16597?utm_source=enterprisezine_regular_20220927&utm_medium=email

◆花王の「快適で安心な」
ハイブリッドワークを支える、情シス部門の試行錯誤
 中村 祐介[著] 小山 奨太(編集部)[編]
 8月29日から30日に開催された「ガートナー デジタル・ワークプレース 
サミット 2022」。花王 情報システム部門
ESM(Enterprise Service Management)部 部長の小久保克也氏が、自社の
「快適で安心なハイブリッドワークを目指した取り組み」について講演した。
 https://enterprisezine.jp/article/detail/16619?utm_source=enterprisezine_regular_20220927&utm_medium=email

◆煩雑な“Excel管理”の乗り換え先として注目、
ローコード開発ツール「プリザンター」に込めた想い
 谷川 耕一[著] 関口 達朗[写] EnterpriseZine編集部[編]
 日々の業務に追われる業務部門では、従来の作業の進め方を
変えられず非効率な状況が発生している。デジタル化が多少
進んでいても、担当者がExcelなどを駆使し、手間をかけ必要な情報を
集め集計しているケースも多い。そのような業務を効率化するために、
今注目を集めているのがノーコード、ローコードによる業務アプリ開発の
内製化だ。手間のかかる業務を効率化するために、開発経験のない
現場担当者でも自ら業務アプリを作成し活用できるようにする。
ノーコード、ローコードの業務アプリ開発基盤である
「Pleasanter」(以下、プリザンター)は、より快適にマネジメントを
最適化するというコンセプトのもとに提供されており、
多くの企業で活用されている。これまでオンプレミスでの提供を
メインにしていたプリザンターが、SaaS化することで見えてきた
ニーズやメリットについて、プリザンターを提供する
インプリム 代表取締役社長 内田太志氏に話を訊いた。
 https://enterprisezine.jp/article/detail/16453?utm_source=enterprisezine_regular_20220927&utm_medium=email

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3]人気記事ランキング(2022-09-20~2022-09-26)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<記事>

●1位 「3年でほぼ全ての金融機関の参画目指す」
長年の課題を打破できるか、金融データ活用推進協会の方策とは
 https://enterprisezine.jp/article/detail/16639?utm_source=enterprisezine_regular_20220927&utm_medium=email

●2位 成功体験が製品も組織も変えた!
デクセリアルズが取り組んだ、DX推進の裏側
 https://enterprisezine.jp/article/detail/16567?utm_source=enterprisezine_regular_20220927&utm_medium=email

●3位 花王の「快適で安心な」ハイブリッドワークを支える、
情シス部門の試行錯誤
 https://enterprisezine.jp/article/detail/16619?utm_source=enterprisezine_regular_20220927&utm_medium=email

●4位 ウクライナから日本は何を学ぶ サイバー視点の
安全保障議論の場「サイバー防衛シンポジウム」現場レポート
 https://enterprisezine.jp/article/detail/16625?utm_source=enterprisezine_regular_20220927&utm_medium=email

●5位 煩雑な“Excel管理”の乗り換え先として注目、
ローコード開発ツール「プリザンター」に込めた想い
 https://enterprisezine.jp/article/detail/16453?utm_source=enterprisezine_regular_20220927&utm_medium=email

<ニュース>

●1位 SAPと三菱電機、一般送配電事業者向け
DX事業での協業を発表
 https://enterprisezine.jp/news/detail/16652?utm_source=enterprisezine_regular_20220927&utm_medium=email

●2位 アシスト、「AWS標準化検討支援サービス」を提供
アカウント設計やセキュリティ対策など運用支援
 https://enterprisezine.jp/news/detail/16649?utm_source=enterprisezine_regular_20220927&utm_medium=email

●3位 トレンドマイクロ、22年上半期サイバー
セキュリティレポート公開 サプライチェーンリスクが国内で顕著に
 https://enterprisezine.jp/news/detail/16650?utm_source=enterprisezine_regular_20220927&utm_medium=email

●4位 大和証券、ゼットスケーラーの
ゼロトラストセキュリティソリューションの実装完了
 https://enterprisezine.jp/news/detail/16662?utm_source=enterprisezine_regular_20220927&utm_medium=email

●5位 AIを活用し、医師の働き方改革目指す
NECと東北大学病院が実証実験を発表
 https://enterprisezine.jp/news/detail/16657?utm_source=enterprisezine_regular_20220927&utm_medium=email

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4]配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/ez?token=&utm_source=22204&utm_medium=email

配信先の変更はこちらから(ログインが必要です)。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/ez/
 へご連絡ください。

発行:株式会社翔泳社 EnterpriseZine編集部
(c)2008 SHOEISHA. All rights reserved.

Job Board

PR

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング