SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

加賀市による消滅可能性都市からの逆転劇/人的資本経営でERP選定に変化か

-[Vol.779]-------------------------------------------------------
このメールは翔泳社のメディア・イベント・サービスにご登録いただいた方に
お送りしています。配信の停止は文末をご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人気ランキング(2024-4-15~2024-4-29)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。EnterpriseZine編集部です。
2024年4月15日~4月29日の
人気記事・ニュースランキングをお送りします。

<記事>

●1位 加賀市が起こした「消滅可能性都市」からの逆転劇、なぜ“IT先進地域”に
なれたのか 震災で変化も

 人口減少に歯止めがかからず、2014年に「消滅可能性都市」に指定された石川県
加賀市。この深刻な事態を脱するために同市が選んだ道が「スマートシティ」の実
現だった。以降、矢継ぎ早に先進的なデジタル施策を打ち出すことで今や国内きっ
てのIT先進地域として知られるように。そんな同市のCDOに36歳の若さで就任し、
デジタル施策を率いる山内智史氏に「デジタル町興し」の現況について聞いた。
https://enterprisezine.jp/article/detail/19491?utm_source=enterprisezine_regular_20240429&utm_medium=email

●2位 人的資本経営の潮流で“ERP選定眼”に変化か 大手企業での導入進む
jinjerに訊く

 中小・中堅企業を中心に広がってきたSaaS型ERPだが、近年ではSAP ERPなどをは
じめとするエンタープライズ向けERPのユーザーでも、特定の業務領域に別途導入
するケースが増えてきた。人事労務や勤怠管理、給与計算など、人事労務業務に特
化した「ジンジャー」も、そうした製品の1つだ。人事労務システムを中心としたE
RPの現況、同社の事業戦略について、jinjerの執行役員 ビジネス統括本部 第2事
業本部 本部長を務める本田泰佑氏に聞いた。
https://enterprisezine.jp/article/detail/19525?utm_source=enterprisezine_regular_20240429&utm_medium=email

●3位 グーグルが「Google Cloud Next '24」で発表した
「生成AIエージェント」戦略とは?

 Google Cloudが進化を遂げた生成AIエージェント『Vertex AI Agent Builder』
を、米ラスベガスで行われた年次カンファレンス「Google Cloud Next '24」で発
表。Gppgleは生成AI戦略として、基盤モデルの次の「生成AIエージェント構築」に
乗り出している。
https://enterprisezine.jp/article/detail/19600?utm_source=enterprisezine_regular_20240429&utm_medium=email

●4位 企業独自の生成AI活用は「RAG」が高いハードルに、Oracleが狙う
“一元化”は金の鉱脈になるか

 企業が生成AIの活用を考えた際、独自LLMの構築やLLMのファインチューニングに
取り組もうとするかもしれない。しかし、そのためには大量のデータ収集と準備が
必要であり、GPUなどの高性能な計算資源も欠かせない。さらにLLMの構築やファイ
ンチューニングには専門知識だけでなく、目的とした回答を得るためには試行錯誤
のプロセスが欠かせず、これには相当の時間も必要だ。
https://enterprisezine.jp/article/detail/19569?utm_source=enterprisezine_regular_20240429&utm_medium=email

●5位 防衛装備庁が参考にしたことで注目高まる「NIST SP800-171」
企業が倣う際に着目すべき要点

 国際情勢が大きく変化する中、サイバーセキュリティ対策に高度な要件が課せら
れるようになってきた。2024年3月13日の「Security Online Day 2024 春の陣」で
は「サプライチェーンセキュリティ」がテーマになった。本稿では同イベントにお
ける「サイバーセキュリティはNIST SP800-171を中心に回り始めた~最新バージョ
ンから読み解くサプライチェーンセキュリティの最適解~」の内容を解説する。
https://enterprisezine.jp/article/detail/19452?utm_source=enterprisezine_regular_20240429&utm_medium=email

<ニュース>

●1位 経済産業省が「SX銘柄2024」を発表 味の素、オムロンなど15社を選定
https://enterprisezine.jp/news/detail/19626?utm_source=enterprisezine_regular_20240429&utm_medium=email

●2位 Tricentisが日本に本格進出、5年で売上150億円超へ 伊藤忠もSAP移行でテ
スト工数短縮
https://enterprisezine.jp/news/detail/19623?utm_source=enterprisezine_regular_20240429&utm_medium=email

●3位 さくらインターネット、生成AI向けクラウドサービス「高火力」を拡張整備
 計画を前倒しで実施中
https://enterprisezine.jp/news/detail/19604?utm_source=enterprisezine_regular_20240429&utm_medium=email

●4位 2027年に生成AIチップ市場は1100億ドルに拡大へ、日本は用途特化型で需要
増加か──デロイト予測
https://enterprisezine.jp/news/detail/19603?utm_source=enterprisezine_regular_20240429&utm_medium=email

●5位 アドビ代表取締役社長に中井陽子氏が就任 マイクロソフトでの経験を日本
でのサービス提供へ活かす
https://enterprisezine.jp/news/detail/19590?utm_source=enterprisezine_regular_20240429&utm_medium=email

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/ez?token=&utm_source=34186&utm_medium=email

配信先の変更はこちらから(ログインが必要です)。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/ez/
 へご連絡ください。

発行:株式会社翔泳社 EnterpriseZine編集部
(c)2006 SHOEISHA. All rights reserved.

Job Board

AD

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング