SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本IBM、無期限でWatson APIなどを利用できる「IBM Cloud」の新無料アカウントサービスを開始

 従来、「IBM Cloud」サービスでは、アカウント開設後、30日間の無償トライアルを提供していたが、「IBM Cloud」の豊富なサービスを評価するには、より長い試用期間が必要とされていた。また、使用量を気にしたり、クレジットカード情報の登録の手間を省くため、新たに「IBM Cloudライト・アカウント」を提供するという。

 「IBM Cloudライト・アカウント」の主な特徴は次のとおり。

  • 256MBのCloud Foundryメモリ
  • 主要サービスをライト・プランで継続使用可能
  • 全カタログの閲覧可能
  • 組織を1つ、地域を1つ
  • ライト・プラン毎にインスタンスは1つ

 「IBM Cloudライト・アカウント」では、256MBのCloud Foundryメモリ、6つのIBM Watson APIを含む25種類のIBM CloudサービスやAPI、サービスやAPIをまとめた全カタログの閲覧、1つのシステム環境(インスタンス)などを利用できる。なお、「IBM Cloudライト・アカウント」のユーザーは、必要な時点でCloud Liteプランから有料プランへ移行し、IBMクラウドが提供する高機能な環境をすべて利用することができる。

 新しいアカウント・タイプでは、IBM Watson API、データベースおよびデータ分析、IoTや既存システムとの連携など、企業利用を想定したサービスとAPIを利用できる。新アカウント・タイプで利用できる25種類のAPIとサービスは次のとおり。

 ■IBM Watson API

  • Conversation:会話の組み立て、やりとりの自動化
  • Discovery:適切な意思決定を行うためのパターン、傾向、実行可能な洞察を識別
  • Language Translator:多言語翻訳
  • Natural Language Understanding:概念、エンティティー、キーワード、感情、関係、意味役割などのメタデータを抽出
  • Personality Insights:書かれた文章をもとに性格分析
  • Tone Analyzer:書かれた文章をもとに感情を分析(日本語未対応)

 ■データ&分析

  • Apache Spark:ビッグデータ基盤分析
  • Cloudant NoSQL DB:NoSQLデータベース
  • Data Science Experience:データサイエンティストとエンジニアのためのチーム分析環境
  • Streaming Analytics:リアルタイム・データ・ソースからのデータの取り込み、分析、モニター、相関分析を行うデータ分析プラットフォーム

 ■その他

  • Activity Tracker:クラウド上のアクティビティーのトラッキング・ツール
  • Availability Monitoring:アプリの状態監視ツール
  • Continuous Delivery:DevOpsツールチェーンの構築・運用支援ツール
  • Log Analysis:ログ管理と分析
  • Internet of Things Platform:IoTプラットフォーム・アプリ
  • Kubernetes Cluster:コンテナ管理ツール
  • Container Registry:コンテナのリポジトリ
  • Object Storage:非構造化データ向けのクラウド・ストレージ
  • API Connect:API作成、公開、管理
  • App Connect:アプリケーション連携
  • Push Notifications:モバイル・プッシュ通知
  • Internet of Things Platform Starter: Node-REDを使用してIoT Platformアプリを作成
  • Node.js Cloudant DB Web Starter:Cloudant NoSQL DBとSDK for Node.jsランタイムを併用
  • Python Flask:Pythonの軽量フレームワーク
  • Ruby Sinatra:Sinatraフレームワークを使用してRuby Webアプリを開発

 日本IBMは、新しいアカウント・タイプの導入を通じて、IBM Watson APIやデータベース、データ分析基盤を統合して提供するIBM Cloudをさらに使いやすくしたことにより、既存のシステムでAIを試行したい企業や、AIを活用して次世代アプリの開発を目指すデベロッパーを支援するとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10011 2017/10/27 18:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング