EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アライドテレシスとMOTEX、SDNアプリ連携製品とIT資産管理・情報漏えい対策製品の連携ソリューションを提供

  2017/11/07 16:00

 アライドテレシスとエムオーテックスは、アライドテレシスのSDNアプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(SES)」と、エムオーテックスのネットワークセキュリティ統合管理ツール「LanScope Cat」を連携し、セキュリティ面の強化を実現する新しいソリューションを11月7日から提供開始すると発表した。

 アライドテレシスの「SES」は、SDN技術をエンタープライズ市場に適応させ、企業向けアプリケーションとネットワークを連携・連動させることにより、ネットワーク運用管理にかかる工数・コストの削減、およびセキュリティの強化を実現する。

 エムオーテックスの「LanScope Cat」は、IT資産管理・情報漏えい対策製品で、IT資産管理や操作ログ管理をはじめ、ファイル配布、各種レポートやマルウェア対策機能など、情報漏えい対策やIT資産管理に必要な機能をオールインワンで提供する。

 これまでアライドテレシスとエムオーテックスは、「SES」と「LanScope Cat」との連携により、IT関連の運用工数削減を実現する「資産管理情報連携ネットワークアクセス制御プロビジョニング」ソリューションを提供してきたが、このたび連携ソリューション第2弾として、セキュリティ面の強化を実現する新しいソリューションの提供を開始する。

連携ソリューションの特徴

 「SES」と「LanScope Cat」が持つアラーム機能との連携により、MACアドレスやコンピューター名の変更、業務時間外の操作、不正な外部メモリーへの書き出し、機密フォルダや不正なサーバーファイルへの操作、不正なWeb閲覧などのポリシー違反を繰り返した端末を、業務ネットワークから一時遮断/VLAN隔離する。

 任意の時間内に設定した回数を繰り返したら業務ネットワークへの接続を制限するといった柔軟な設定が可能。また、「LanScope Cat」のオプション機能であるプロテクトキャットとの連携により、マルウェアやランサムウェアに感染した端末の通信を遮断/VLAN隔離することが可能になる。

 1. 不正操作検知によるネットワーク利用制限

 機密情報をデスクトップにコピーする、業務時間外に操作を行う、不適切なWeb閲覧を繰り返し行うなど、不正操作に該当した端末をネットワークから隔離もしくは、任意設定した時間まで遮断することが可能。

 2. マルウェア検知によるネットワーク利用制限

 「LanScope Cat プロテクトキャット」でマルウェア感染を検知した端末をネットワークから隔離もしくは、任意設定した時間まで遮断することが可能。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5