SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

セールスフォース・ドットコム、コラボレーションプラットフォーム「Quip」を提供開始

 セールスフォース・ドットコムは、Salesforceレコード、カレンダー、カンバンボードなどに対応するアプリケーション「Live Apps」を開発した。Live Appsは、リアルタイムデータがQuipに組み込まれることで、プロジェクトに関連するすべてのコンテンツを、単一のキャンバスにまとめることが可能になる。また特定の業界、プロジェクト、および機能に関して予めQuipドキュメントとして作成された「ワークフローテンプレート」がQuipに追加されることで、よりスピーディーな共同作業を実現するという。

Quipコラボレーションプラットフォームの概要

 モバイルワーカー向けに開発されたQuipコラボレーションプラットフォームには、次の機能が含まれている。

 ■Live Apps

 任意のQuipドキュメントに直接組み込むことができる、インタラクティブなカスタムアプリケーション。Live Appsにより、取り組んでいるプロジェクトに関係するすべてのコンテンツをQuipドキュメント上で一元化することができる。そのため、プロジェクトチームの参加者は、複数のウィンドウやアプリケーションを切り替えて作業する必要がなくなる。参加者はSalesforceのレコード、カンバンボード、およびパートナーが開発したアプリケーションの機能を、ワンクリックで作業中の任意のQuipドキュメントに追加できる。

 ・Calendar(@calendar):マーケティングとイベントプランニングに欠かせないアプリケーション。Calendarを利用することで、プロジェクトチームの参加者は製品発表やイベントの情報を見やすくし、コメントしたり、それぞれの担当作業を追跡したり、コラボレーションを行ったりすることで、参加者間の連携を強化。

 ・Salesforce Record(@salesforce record):プロジェクトチームの参加者がQuip内からSalesforceのレコードを表示、編集、更新することが可能になる。

 ・ Kanban Board(@kanban):いくつかの業界・分野を横断するようなプロジェクト管理に役立ち、ワークフローを視覚化および最適化することができる。特にエンジニアリングや製造、営業といったチームは、インタラクティブなカード、カラム、色分けによって情報を整理することができる。カードを別のカラムにドラッグ&ドロップするだけで、チーム作業を整理し、プロジェクトを進めることが可能。

 ■Live Apps API

 ユーザー、開発者、パートナーは、それぞれのカスタムLive AppsをQuipコラボレーションプラットフォーム上に構築することができる。

 ・ワークフローテンプレート:業界、プロジェクト、およびチーム機能に特化した、事前に作成されたQuipドキュメント/スプレッドシート。これにより、迅速なチームの共同作業を実現。各ワークフローテンプレートには、タスクやプロジェクト(製品ロードマップの作成、新製品発表の準備、営業担当テリトリー地域の図示など)に最適なレイアウトやLive Appsが含まれる。

 セールスフォース・ドットコムは、Quip向けのSalesforce Files Connectの提供も開始する。これにより、SalesforceとQuipのさらなる連携統合を強化促進する。現在作業中のQuipドキュメント/スプレッドシートをSalesforceにネイティブで連携することができるため、QuipドキュメントをChatterフィードやグループ、ビジネスレコードに添付し、いつでもSalesforce内でQuipのすべてにアクセスすることが可能だという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10110 2017/11/21 15:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング