Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

デジタル変革がデータの爆発的な増加を継続的に促進――ベリタスが非構造化データ調査レポートの2017年版を公表

  2018/01/31 13:00

 ベリタステクノロジーズは、企業が所有する非構造化データの構成を正確に捉えた調査結果をまとめたレポートの最新版「Data Genomics Index 2017」日本語版を公表した。「Data Genomics Index」は、様々な業種にわたるFortune500企業の86%に相当するベリタス顧客のデータ管理の現状を把握するために分析している年次レポートになる。

 レポートの2017年版は、前回をはるかに上回る310億を超える数のファイルを分析した結果報告で、データが増加する勢いが圧倒的であることが改めて確認された。例えば、作成されるファイルの数は、2年ごとに倍になるペースに少しずつ近づいている。

 また、企業は俊敏性を向上させるため、そして顧客価値を創造するためにデジタル変革を推進し、AI、IoT、ブロックチェーンなどの新しいテクノロジに投資しているのは明らかで、データの量、種類、サイズはダイナミックに変化していく。

 しかし、多くの場合、データ管理は手付かずであり、どのようなデータが管理下にあるのか、そのデータのガバナンスをどうすればいいのか、暗中模索の状態にある。今回のレポートによると、データプライバシーがますます重要になっている中、企業はデータの保存場所や種類を問わずに、データを可視化する必要に迫られている。

 ●2017年は、データが2016年に対して48.7%増加した。これは、作成されるファイルの数が2年ごとに倍になるペースに少しずつ近づいていることを意味する。また、平均ファイルサイズは、前年比23%増加している。

 ●分析した全データの50%以上が、開発者ファイル、データファイル(.datなど)、画像ファイル、不明なファイル形式で構成されていた。そして、不明なファイルは昨年に比べて51%増加している。これは、顧客データから価値を引き出して顧客価値を創造するためにカスタムアプリケーションの開発・利用が増加した結果、新しく多種多様な不明なファイル形式がより広いデータ環境に追加されていることを示している。

 ●興味深いことに、今年の分析では陳腐化したデータの割合は2016年の41%に対して33%にまで減少している。これは、企業がROTデータ(冗長で古く瑣末なデータ)を積極的に管理し始めている兆候であるといえる。しかし、これが新しい傾向なのか、一時的な現象なのかは来年の分析結果が出るまではわからない。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5